ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

JEAN-PAUL HEVIN(ジャン=ポール・エヴァン)

 ある方のブログを読んでいたときに目に入ったのがJEAN-PAUL HEVIN(ジャン=ポール・エヴァン)というチョコレートショップの名前でした。東京では伊勢丹新宿店B1Fにお店を構えております。1粒何百円もするような高級チョコレートってどんな味がするんだろう?とかなり気になってました。
JEAN-PAUL HEVIN(ジャン=ポール・エヴァン)はフランス最高のショコラティエ。チョコレート業者国際賞をはじめ、数々のコンクールで優勝。世界トップクラスの菓子職人が集う”ルレ・デセール”や”チョコレート・菓子アカデミー・フランセーズ”の会員です。JEAN-PAUL HEVIN(ジャン=ポール・エヴァン)の感性、独特のヴィジョン、味へのこだわり、絶え間ない素材の探求、そして確かな技術から生まれてくるのが、エヴァンならではのチョコレート。最高のチョコレートに出逢った感動を味わってください。
お店より頂いたパンフレットより引用
 34種類ほどチョコレートが並んでいるのですが本日は4種類ピックアップして買ってみました。正直初めて買うのでどれを選ぶべきかさっぱりわからないので適当に選んでみました。

★ル・プティ・ブレ(VARIED CHOCOLATES)
 ダークキャラメルの入ったソフトなガナッシュをハーフビターチョコレートでそっと包みました。
★フォラステロス(MILK CHOCOLATES)
 ほんのりヴァニラ風味のガナッシュをミルクチョコレートで包みました。
★スミルヌ(FRUITY GANACHES)
 ラム酒漬けのレーズンを使ったガナッシュをハーブビターチョコレートが引き立てます。
★コスタ リカ(FRUITY GANACHES)
 3種のオレンジを使ったリキュールとハーフビターチョコレートの薫り高い組み合わせ。

 お値段は1200円くらいでした。さすがは高級チョコレート、1粒あたりだいたい300円くらいです。それはさておき肝心の味のほうですが、私ってやっぱり舌が肥えてないです。本当においしいことは間違いないのですが、普通のチョコレートと比べた時、高級チョコレートのほうが間違いなくおいしいというような確信がもてなかったというか・・・。もうちょっと味に対して繊細になりたいなと思います。勉強しなくちゃね。気になる方はぜひ味わってみてください。
[PR]
by puyan27 | 2005-09-28 21:10 | 映画(非公開)