ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

旧岩崎邸庭園

 東照宮を観た後は、「旧岩崎邸庭園」へ向かいました。上野公園の不忍池を突っ切って、10分くらいのところにあります。岩崎邸とあるように三菱財閥創始者の岩崎家の元邸宅でジョサイア・コンドルに設計を依頼し建てられました。う~ん。やはり財閥っていうのはお金持ちだったんだなあというのがこの建物を通して伺えますね。驚いたのは元々の敷地はリンクのHPにもありますとおり今よりも遙かに広かったようです。特に和館が洋館よりも広かったはずなのですが今はかなり縮小されてしまっている・・・。完成当時の姿ってどんな感じだったんでしょうね。

e0034068_11552637.jpg洋館北側の外観です。東京でこういった建物を見たのは東京都庭園美術館以来ですね。
e0034068_1155454.jpg洋館南側の外観です。かなり広い芝庭が広がっています。春のほうが暖かくて気持ちがよさそうです。
e0034068_1156078.jpg和館の外観です。実はここが最終的な出口となります。木のあたりに日本庭園っぽいものがあるんですが池に水ははいってないし、使ってないような感じ・・・。もったいないですよね~。
e0034068_11561425.jpg撞球室(ビリヤード場)です。別棟としてこんなものを持っているなんて贅沢ですね。地下道で本館つながっているみたいなんですが階段は拝見できるものの通ることはできません。
e0034068_11562728.jpg洋館二階のホールの様子です。
e0034068_115641100.jpg洋館二階の集会室の様子です。暖炉があったり、天井に壁紙等、本当に凝ったつくりになってます。赤のカーペットは恐らく傷がつかないように都が敷いたのだと思います。実は床の模様もなかなか素敵です。
e0034068_11565370.jpg洋館二階の婦人客室の様子です。
e0034068_1157893.jpg洋館二階のベランダの様子です。柱の形がとても印象的ですね。
e0034068_1157229.jpg和館の様子 その一
和館については正直いまいちかなあ~。京都等のすばらしいものを観ているので目が肥えてしまったからかもしれませんが。この建物自体洋館のほうに主が置かれている感じがします。時代的にそういう他国文化に目が向いていた時だったからかもしれません。
e0034068_115741100.jpg和館の様子 その一
e0034068_11575636.jpg和館の様子 その一

 ちなみにこの建物は撮影はOKでした。撮影禁止のところが本当に多い中、珍しいですね。上野公園に行った際はちらっと寄り道してみるといいですね。あと、近くにあった横山大観記念館もすごく行きたかったけど次回へ。
[PR]
by puyan27 | 2006-02-18 19:50 | 建築・庭園