ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

清澄庭園

 東京都現代美術館を堪能した後は、歩いてすぐの「清澄庭園」へ向かいました。庭園好きな私としては前々から行きたいと思っていた場所なのでちょうどよい機会でした。
 清澄庭園は、三菱財閥の創始者・岩崎彌太郎が明治11年(1878)に荒廃していた大名の下屋敷や豪族の館跡の土地3万坪を買い上げ、大規模な造園工事を開始し、弟・彌之助、長男・久彌へと岩崎家3代によって明治24年(1891)に「回遊式林泉庭園」が完成されました。当時は「深川親睦園」といわれ、三菱社員の慰安や内外賓客を招き接待する場として用いられてました。(清澄公園説明引用)
 現在の「清澄公園」といわれる部分も本当は庭園だったのですが大正12年の関東大震災によって壊滅的被害を受け、現在の姿になったようです。先週の旧岩崎庭園のようにジョサイア・コンドル設計の西洋館などがあったらしく、その当時の写真を見るとすごく立派な建物なので非常に残念です。地震にはさすがに勝てませんね。

e0034068_1405685.jpg庭園入口です。半蔵門線清澄白河駅から徒歩10分かからないくらいの場所にあります。入園料は一般で150円です。
e0034068_1411879.jpg庭園の様子 その1
なかなか広々としていて、鳥と鯉がたくさんいます。餌が中の売店で売っているので買って与えている人もたくさんいました。
e0034068_1413869.jpg庭園の様子 その2
庭園の外の高い建物がどうしても景観に入っちゃうのは仕方がないことかな。。。
e0034068_1415055.jpg庭園の様子 その3
パンフレットでは磯渡りと書いてあります。ここだけでなく何カ所かあるのですが歩くのが結構楽しい♪。
e0034068_142588.jpg磯渡りにあった蛙の卵
こんなん載せないで~気持ち悪いっていう方もいるかもしれませんね~。都内でこんなの見られるところってそうそうないのではないでしょうか?春にはおたまじゃくしがすごいだろうな~。
e0034068_1422521.jpg
卵を観察していたら蛙の鳴き声が盛んに聞こえてきました。そうこうしているうちに4、5匹の蛙が・・・。子供の頃は蛙を捕まえたりしてたのを思い出しました。懐かしい。
e0034068_1423893.jpg庭園の様子 その4
e0034068_1425122.jpg松の木
この庭園は松の木がたくさんありますがこのように手入れが行き届いていてます。
e0034068_143392.jpg涼亭
先ほどの庭園の様子の写真の奥に写っていた建物です。この建物と大正記念館は予約をしている方でないと中には入れないようです。団体とかでないと無理なんでしょうね。
e0034068_1431613.jpg名石 生駒石
このような石が庭園内のいたるところに配置されているのですが数が半端ないですね~。よくぞ集めたものです。さすが財閥の資金力は違いますね。

e0034068_1435299.jpg名石 伊予青石
e0034068_1505637.jpg名石 紀州青石
e0034068_1511057.jpg名石 仙台石
数ある名石の中でも飛び抜けて大きい石でした。まるまる橋にしてしまっているところがこれまたすごいですね。

 都内の庭園めぐり実に楽しいです。まだまだたくさんあるので再び訪れてみたいと思います。もうちょっと暖かくなってから行ってみると四季の移ろいが感じられていいかもしれません。
[PR]
by puyan27 | 2006-02-25 23:44 | 建築・庭園