ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

旧安田庭園

 江戸東京博物館は土曜日は19時30分までなので時間があると思い、まずは旧安田庭園を観てきました。
 この地は、元禄四年、当時下野国足利二万石の領主であった本庄因幡守宗資が幕府から拝領して下屋敷を構え、以後、代々本庄家に引き継がれてきたものである。庭園は宗資の築造といわれ、隅田川の水を導いた潮入り回遊式庭園で、規模は小さいが江戸名園のひとつに数えられていた。
 明治維新後に一時、旧備前国岡山藩主池田章政の邸地となり、更に明治二四年、安田善次郎の所有となった。
 善次郎の没後、その遺志によって大正十一年東京市に寄付され、一般に公開されることとなったが、翌年九月の大震災により、ほとんど旧態を失った。市は、幸いにして残った地割り石組みを基にして復元に努め、昭和二年七月、市民の庭園として開園した。
 昭和四十二年四月東京から墨田区に移管になったが、戦後の隅田川の汚濁により池はよごれ、公害等の影響によって樹木が枯れるなど、名園としての面影が失われつつあった。墨田区において、潮入りの池の再現、樹木の植栽、修景施設の手入れなど、その全面的改修工事を行い、昭和四十六年五月、名園といわれた往時の姿を復元したものである。
(庭園沿革より引用)

e0034068_2211493.jpg案内図
庭園って大抵は入園料等があるのですがここは無料です。沿革にもあるとおり規模は小規模ですね。
e0034068_2213390.jpg庭園の様子(その1)
右側に見えるようにベンチがあってゆったり鑑賞ができます。ただ、結構車の騒音等が多いのが残念ですね。
e0034068_2214644.jpg庭園の様子(その2)

e0034068_222136.jpg両国公会堂
庭園内側から見た様子です。講堂として建てられたようですが現在では老朽化で使用停止となっているようです。

[PR]
by puyan27 | 2006-06-17 21:20 | 建築・庭園