ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

クリーブランド美術館展(森アーツセンターギャラリー)

e0034068_2233972.jpg 六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーで開催されているクリーブランド美術館展を観てきました。クリーブランド美術館はアメリカ・オハイオ州にある総合美術館です。紹介のDVDが流されていました。ただいま新館を建てるので建設中らしいです。また甲冑の間ってのが紹介されてましたが面白そうでしたね。よく考えると西洋の甲冑であまりみたことないような気がします。
 それはさておき、本展示会は5つのセクションに分かれて展示されてました。「1:印象派の時代(モネ・ルノアール・ドガ)」「2:後期印象派(セザンヌ・ゴッホ・ゴーギャン)」「3:近代彫刻のさきがけ(ロダン)」「4:20世紀の前衛(ピカソ・ブラック・マグリッド)」「5:北ヨーロッパの光(ミュンター・モンドリアン・ムーア)」です。個人的には1、2が一番の目的であったし、一番よかったと思います。というかここが一番のメインだとは思いますが。ピエール = オーギュスト・ルノワールの「ロメーヌ・ラコー」のように相変わらず人物画(少女)を描いた彼の絵は好きだなあ。2月に行った「渋谷で出会うポーラ美術館の印象派コレクション展」の「レースの帽子の少女」を思い出しちゃいました。モネの作品で植物(紫陽花など)の作品(作品名忘れちゃいました(T.T))も展示されてましたがこれもなかなかよかったです。色彩は割と普通の感じだったような気がします。彼独特の色遣いがあまり強調されてない作品のように感じました(ちょっとうる覚え)。ゴッホの作品も2点展示されましたが、なかなかよかったですよ。色調が「ひまわり」っぽくって力強いタッチだなと思いました。やっぱり印象派素敵ですね(^ヘ^)v。
 この展示会、作品リストをくれなかったのは残念。良くあるカタログを購入するか、メモするしかありません。一応その辺は配慮してほしかったのは私だけでしょうか。。。
[PR]
by puyan27 | 2006-09-30 21:26 | 美術館・美術展