ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

生誕100年記念-ダリ回顧展(上野の森美術館)

e0034068_22172567.jpg 無料入場のチケットが手に入ったので上野の森美術館へダリ回顧展を観に行って来ました。天気も秋晴れで最高(^○^)。サルバドール・ダリの絵はたしかどこかの常設展示で観てあの時計がぐんにゃりした独特の絵が描かれていて非常にインパクトがあったのは覚えているが、このようは彼にスポットを当てた展示会を観るのは初めて。
 絵の感想なんですが、すごい難しい。。。感じろ!!っていてもなかなかできるものではないかもしれませんね。ただ、説明があると多少のイメージはつかめる部分もあるんだけれど、それでも一筋縄にはいかないかも。というのも私が勉強不足なんですよ。フロイトの心理学だとかシュールレアリスムだとかその絵各々で盛り込まれているものがあるようなんですがそれらをよく知らないのでよくわからん状態になっちゃっているんだと思います。そういった学識がある人の目で観ると奥が深くて魅力ある作品なのかもしれません。みなじっと観ている人たくさんいたけれどどういうふうに感じとっているのか気になりました。
 ダリご本人もすごく個性的な人ですね。ひげが絵に描いたようです。一目でアーティストなんだろうなって感じさせてくれるような気がしました。さらにスペインのダリ劇場美術館も写真が展示してありましたがすごい外観ですね。壁の色といい、あの卵といい一度は観てみたいですね。
 しかし、本日は人混みすごすぎて最悪でした。いままで結構美術展行ってますがかつてないくらいの混雑でした。係の人は絵の観る順番はないとしきりにうながしてましたが、それによって普通あるような人の流れがなくなってしまい、ごちゃごちゃ状態なのでゆっくり観ることもできないし、つらかったです。。今はまだ行かないほうがいいかもしれません。
[PR]
by puyan27 | 2006-10-07 19:07 | 美術館・美術展