ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

ライオンキング(劇団四季 四季劇場[春])

e0034068_2232640.jpg 4月に劇団四季の鹿鳴館を観に行ってから今度はぜひミュージカルを思ってましたがやっと実現しました。前々から念入りにチケット予約をしていたライオンキングです。
 劇団四季のサイトではチケットをとる際に席にこだわって自由に予約できるのですが、これがまたいい席(S1の最前列付近の中央ブロック)は激戦なんです。半年以上も先なのに埋まっちゃっているなんてすごすぎ。さすがにそこは無理だったけど最前列付近の左ブロックの前から2番目をゲットできました\(^O^)/。
 ミュージカルが始まり、しょっぱなからすごい。キリンやらゾウやら数々の動物たちが観客席の通路を通って意表をついて登場。皆アフリカンな動物の格好をしていてヒヒの呪術師のラフィキなんかは台詞もアフリカ地方あたりの言葉?を使っていたりしているんですが逆に意味がわからないのがいい感じでした。ストーリーもちゃんとシンバ(王の息子ライオン)が子供時代のシーンからあって子役のシンバとナラ(メスライオン)の子供お二人はとっても可愛らしいんだけど台詞もはきはきしてプロですね。とっても輝いてましたよ。ミーアキャットのティモンやイボイノシシのプンバァのコミカルなやりとりも笑えました。
 なんといっても一番のシーンは最初と最後にあるすべての王国の動物たちが揃っての歌で、なかなかのスケール感です。やっぱりこれがミュージカルの真髄なのかも。
 公演5000回突破ってすごいですね。それだけお客さんにも好評なのかもしれません。さて、次は絶対にオペラ座の怪人を観に行かなければ。千秋楽を迎えるらしいので要必見ですね。

鑑賞した席:1階D列10番(S1席)
[PR]
by puyan27 | 2006-10-07 22:09 | 演劇