ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

重森三玲の庭(松下電工汐留ミュージアム)

e0034068_8142714.jpg 日本庭園好きにはたまらない展示会が催されてました。松下電工汐留ミュージアムで開催されている「重森三玲の庭」です。自分はこのお名前を聞いて即座に反応してしまいました。
 昨年の8月にブログで掲載しましたが、そのころはAQUOSのCM「モダン山水の庭」で使われてましたよね。あれは重森三玲邸らしく、京都に観に行きたいと思っていながら結局まだ実現していないです(T.T)。
 それはさておき、重森三玲が手がけた数々の庭園の設計図や実測図(しかも原図)がたくさん展示されておりました。細かさが半端でなく、木々の一本一本の名前から配置してある石の高さなど詳細に記してあり、非常に根気のいる作業だなと感心しました。こうして日本全国の日本庭園を実測しながら廻られ、「日本庭園史体系」なる本を書かれたんですね。
 実際に庭園を造っているところを撮影している記録映画のようなものはすごく面白かったです。石橋家庭園って字幕で書かれていたと思います。実際にまだ生前の重森三玲さんが写っており、いろいろな話をしてくれるのですが近年に近づくにつれて庭園は手抜きされているとか、「永遠の庭」を創ることをめざしているだとか、茶を飲むこととはどういうことかとかその一言一言がとても興味深かったです。
 交流のあったイサム・ノグチから贈られた「茶釜」なんかもちょっとしたうれしい展示品でした。京都庭園ツアー「重森三玲の庭を訪ねて」がナビゲーターを重森千靑さんで行われるみたいですがこれ、すごく参加したいですよね。時間とお金さえあれば絶対に参加するところなんですが。。。
[PR]
by puyan27 | 2006-10-08 08:10 | 美術館・美術展