ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

モダン・パラダイス展(東京国立近代美術館)

e0034068_1315156.jpg 今日は午前中から東京国立近代美術館で開催されているモダン・パラダイス展を観に行って来ました。本日が最終日です。大原美術館といえばかなり有名なので岡山県倉敷市に行かれた方なら足を運んだことがあるのではないかと思います。自分も行ったことはあるのですが、その時は時間が遅すぎて入ることすらできませんでした(T.T)。ま、また行けばいいとは思いますが本美術展は大原美術館所蔵の数々の作品と東京国立近代美術館所蔵の作品が展示されております。ジャンルも広くて日本画、洋画、彫刻、写真と様々でした。1.光あれ、2.まさぐる手・もだえる空間、3.心のかたち、4.夢かうつつか、5.楽園への5部構成になっております(詳細は上記リンクの説明をどうぞ)が2.まさぐる手・もだえる空間のようなジャンルの作品は直感的に理解するのが難しいですね。相変わらずこの手の作品を観るとどう考えてよいのかわからない自分がちょっと悲しくなるのでした。
 入ってすぐにクロード・モネの「睡蓮」、これも睡蓮シリーズはいくつも観てますが、タイトルも似たような感じが多いのでどの作品も過去に観たかがよくわからなくなっています。観たような観てないような。好きなの作品であることには変わりはないのですが。。。徳岡神泉の「」は露が今にもこぼれ落ちそうな感じがとても印象的でした。ポール・シニャックの「オーヴェルシーの運河」はお馴染みの点描画法ですが、これいままで観た彼の作品の中で一番よかったかも。正直、点描画法ってそんなにいいかなと思っていましたがこの作品を観てなかなかいいものだなと思いましたね。岸田劉生の「麗子肖像(麗子五歳之像)」は存在感があり、リアルさがありますね。浴衣のようなものを着ているところも時代を感じさせてよかったです。アンリ・マティスの「画家の娘-マティス嬢の肖像」と対比させて展示させているのも面白い試みでした。そして一番最後の出口のところに展示してあったアリスティド・マイヨールの「イル・ド・フランスのトルソ」という女性の裸体の彫刻。曲線美が美しくてとても惹かれるものがありました。官能的な美を感じたのかもしれません。
 
[PR]
by puyan27 | 2006-10-15 14:04 | 美術館・美術展