ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

ウィーン美術アカデミー名品展(損保ジャパン東郷青児美術館)

e0034068_593530.jpg ウィーンというとオーストリアの芸術の都であり音楽としてもかなり有名ですね。自分の中ではやっぱり音楽のイメージが強いです。というのもベートーヴェンやモーツァルトなどそうそうたる作曲家が名を連ねているからでしょう。この美術展はそのウィーンにあるウィーン美術大学(日本でいう日本藝術大学みたいなものかな?)の美術アカデミー絵画館のコレクションです。ウィーンの観光HPを見ると美術アカデミー絵画館は載ってないような。。。実はここはすごい穴場だったりするのかもしれませんね。
 ここに展示されていた絵画の作家名を見ると自分にとっては知らない人ばかり(実際には有名な人ばかりなんでしょうね)。新たな方たちとの出会いでo(^-^)o ワクワク。
 まず目を惹かれた作品はぺーテル・パウル・ルーベンスの「三美神」でした。ちょっと太めで肉付きのよい3人の女性が花の入った篭?のようなものを掲げているのですが女性美ってやつなんですかね。何か神秘的なものを感じました。作品自体もサイズが大きくて見応えがありました。ヤン・フェイトらの静物画もちょっとした特徴があって必ず動物が対照的に物の中に描かれていました。さすがに動物は静物ではないので想像して描かれたのかな。そしてもうひとつはマルティン・ファン・マイテンスの「女帝マリア・テレジアの肖像」ですね。女帝らしく豪華な装いと風格は素敵ですね。説明ではたしかこの画家は宮廷画家って書いてあったと思いますがハプスブルグ家のお抱えの画家だったんでしょう。スペインの作品もプラド美術館展を観に行って宮廷画家の作品って多かったと思ったのでやっぱり似た感じがあるんでしょうね。
 しかし自分でよいなと思った作品、思いっきりビラで紹介されているのとかぶっているなあ。やっぱりビラで載せている作品っていいものを載せているんですね。ナイスセレクトです。
[PR]
by puyan27 | 2006-10-28 14:59 | 美術館・美術展