ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

自由学園 明日館

 今日は巨匠建築家フランク・ロイド・ライトと弟子の遠藤新による設計の自由学園明日館(みょうにちかん)が休日見学デーでした。HPの見学カレンダーを見ると大体1ヶ月に一回ほどで実施しているようです。天気が悪く、多少行くのを迷いましたが次の休日見学デーまで1ヶ月はさすがに待てませんのでめげずに行ってきました。

e0034068_23561355.jpg外観の様子

池袋駅メトロポリタン口から5分くらいのところにあり、アクセスはかなり良好です。素人ながら、ぱっと見は豪華さ、重厚さというものは全くなく、むしろ質素な感じですが形としては中央ホールが非常にインパクトがあるなと思いました。喫茶付見学でいざ中へo(^-^)o ワクワク。

e0034068_23562719.jpgホールの様子(その1)

建物中央のホールを内部から見た様子です。幾何学模様の窓枠は本当に特徴的でなんともいえないですね。またギリシャ神殿の柱を彷彿とさせるのもなんとなく納得です。

e0034068_23564038.jpgホールの様子(その2)

上記窓側から見たホールの様子です。奥には暖炉があり、本日は火がともっていてとても暖かかったです。消防署に許可をとらないといけないのでいつもつけることはできないと言われてました。見た感じ上部にはロフトのようなものがあるように見えますがここにミニミュージアムがあります。大谷石という石を使用したり、照明ひとつひとつのデザインも個性的です。

e0034068_23565298.jpgホールに置かれていた家具

背もたれの部分が六角形の形をしたこの椅子はまた個性的なデザインですね。フランク・ロイド・ライトと遠藤新のデザインとのことですが実は確かな証拠は残ってないのだとか。

e0034068_2357510.jpg食堂の様子

ここはこの建物の中でも見逃せない場所ですね。照明のデザインが圧巻です。私が訪れた時はちょうど食事中でそれが終わるまで見学は不可でしたのでちょっと待ちました。

e0034068_2357163.jpgホール横玄関付近の様子

見ての通り玄関や窓等ひとつひとつがすべて幾何学模様になっております。

e0034068_23573099.jpg大教室タリアセンの様子

他にも教室はいくつかあり、「としま」「ドマーニ」「マニャーナ」などと名前がついております。公開講座のようなものが開催されて使用されているようです。

e0034068_23574576.jpgライブラリーの窓

ライブラリーがあり、申し込めばフランク・ロイド・ライト関連の資料を見ることができます。この部屋にあった窓枠の幾何学模様ごしに見える黄色の銀杏がなんともいえませんでした。

[PR]
by puyan27 | 2006-12-09 23:57 | 建築・庭園