ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

AQUOS CM 「モダン山水の庭」

AQUOSのCMで最近放映されている「モダン山水の庭」、重森三玲、京都といっている日本庭園が気になってしかたがありません。

重森三玲(しげもりみれい)
昭和を代表する庭園家。東京美術学校で日本画を学び、いけばな、茶道を研究し、その後庭園を独学で学ぶ。
庭園家としてしられる以前に、昭和5年に勅使河原蒼風らと生け花界の革新を唱え、「新興いけばな宣言」を発表した人物としても知られる。
昭和24年前衛いけばな誌「いけばな芸術」を創刊し、その後、前衛いけばなの創作研究グループ「白東社」を主催。
重森邸を会場とした毎月1回の集まりには、中川幸夫などが参加していた。
他にも1950年代から重森邸を度々おとづれた彫刻家のイサム・ノグチとの交友など、庭園をとおしての交流は多岐にわたる。
三玲作庭の庭は、力強い石組みとモダンな苔の地割りで構成される枯山水庭園。
代表作は、京都の東福寺方丈庭園、光明院庭園、大徳寺山内瑞奉院庭園、松尾大社庭園など。 また、日本庭園、茶道、いけばなの研究者として重要な業績を残しており、主な著作は、日本茶道史、日本庭園史図鑑、枯山水、日本庭園史大系、実測・日本の庭などが知られる。
高野山西禅院HPより引用)

私が実際に観たことがあるのは東福寺のみですが、CMで使用したのはどこの庭園なのか調べてみても、いまいちよくわかりませんでした。またAQUOS購入者用のHPがあるのですがAQUOSを買ってはいないのでLOGINできずそのHPは観ることができませんでした。(T.T)(そこには何か情報がありそうな感じなんですよねえ。)まあ、こればかりは仕方がないですが、このCMの庭園はさておき、松尾大社等実際に観に行く機会を作りたいですね。
[PR]
by puyan27 | 2005-08-12 02:28 | 建築・庭園