ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

柳宗理-生活のなかのデザイン-(東京国立近代美術館)

e0034068_23561573.jpg 美術、建築は日頃から美術展等に行って観ることができていますがプロダクトデザインという世界も非常に面白いです。今、東京国立近代美術館2階のギャラリー4では「柳宗理-生活のなかのデザイン-」が開催されております。柳宗理氏はあまりにも有名な方なので知らない方はいないんじゃないかと思います。百貨店なんかでも調理用品売り場へ行けば調理器具が今でも現役ばりばりで売られております。プロダクトデザインっておそらく機能とデザインが両立しているものがすばらしいんだろうと思うのですが機能については実際に使ってみないとわからないところです。柳宗理氏デザインの調理器具はデザイナーものにもかかわらず値段もすごくリーズナブルだなと思っていたので前々から揃えてみたいという物欲はあったのですが今だに実現しておりません。ですので使い勝手については感想を述べられないのが痛いところではあるのですが・・・。
 本題の展示会については、ギャラリー自体はそんなに広いって感じでもないですがひととおりの作品が置いてあったと思います。Casa BRUTUS 柳宗理に載っていたすべてのものが置いてあったかというと違うとは思いますが(正確に把握できてないです(T.T))これだけまとめて観ることができるのはこういった企画展や直営SHOPぐらいなので本当に好きな人にとっては悪くないんじゃないでしょうか。もちろん置いてあるものは復刻版ではなくてオリジナルばかりであるとも思いますし。最も使う頻度が高そうなフライパンとかミルクパンあたりを買ってみて使い心地を試してみたいところです。一度買い出すと止まらなくなりそうなのがちょっと怖いとは思いますが・・・。バタフライ・スツールはあまりにも有名ですがやっぱお買い得ですよね。hhstyle.comなんかでチェアを調べてみるとエレファント・スツールも含め値段が圧倒的に安いです。この値段なら手が届きますものね。ミニチュアのバタフライ・スツールなんかもいいですよね。といった具合に物欲の世界に浸ってしまう自分なのでした(^_^)。
[PR]
by puyan27 | 2007-01-27 23:32 | 展示会