ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

文化庁メディア芸術祭10周年企画展 日本の表現力(国立新美術館)

e0034068_22395296.jpg 先週、開館したばかりの国立新美術館ですが、ただいま無料で文化庁メディア芸術祭10周年企画展「日本の表現力」が開催されております。「表現の源流」「日本のメディア芸術(1950-2006)」「未来への可能性」の3つの構成になっており、それらのうち真ん中の「日本のメディア芸術」は1950年から現在の2006年までを10年単位で区切り、各々の年代の代表的なアート、エンターテイメント、アニメーション、マンガが展示されております。これが懐かしくて非常に面白かったです。1950年代からなので自分が生まれる前からのものもあるのですが、自分の成長してきた時代をすべて顧みられるのがたまりませんでした。
 各々の年代のCMなんかも映像が流れており、SONYの初期ウオークマンの猿が出演しているものや文明堂の操り人形(ぬいぐるみ?)がでているもの、ぴっかぴかの一年生などめちゃめちゃ懐かしかったです。更にアニメも妖怪人間ベムやらまんが日本昔ばなしやらサイボーグ009やらたくさんの作品が流されていてこれまた見出すと止まりません(^_^)。
 ゴレンジャーなんかの初期の戦隊ものを見出すとせこさに笑ってしまうのですがこのせこさが逆に面白いんですよね。当時の撮影技術を駆使しているのでしょうからそういうところから現在の技術が格段に進歩していることがわかります。といった感じでひとつひとつを見出すとえらい時間がかかってしまうので大変なことに。
 自分の子供時代を脱したぐらいの年代になると次世代の子供たちはこんなものに熱中して育っていたんだなあというのがわかり、こういった視点でもとても興味深いものでした。これから10年、20年先はどういったものがヒットし、歴史を刻むことになるんでしょうねo(^-^)o ワクワク。
 上記写真は唯一写真がとれた作品ではありますが、美術館裏に実演デモが行われております榊原機械の「ランドウオーカー」という作品です。人が乗れる大きさに脱帽でした。
[PR]
by puyan27 | 2007-01-28 22:44 | 展示会