ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

大回顧展モネ(国立新美術館)

e0034068_0453444.jpg ここのところ風邪で体調を壊してしまいかなり出かけてませんでした(T_T)。ほぼ回復しましたので今週あたりから徐々にペースを取り戻していきたいところです。というわけですが国立新美術館で開催されている「大回顧モネ」を観に行ってきました。初日なのですが、思わず何も考えずにとびついてしまいました。今、六本木は東京ミッドタウンという話題があるのでここと抱き合わせでくる人が多いのだろうなとは思いますがまあここは仕方ないところでしょうか。
 この展覧会はとても楽しみにしてました。オルセー美術館からも何点か作品がくるというのでかなり期待しておりましたo(^-^)o ワクワク。モネ作品は97点ほどでそのうちオルセー美術館からの物は20点ほど。写真にある「日傘の女性」は特に観たかった作品の一つです(もちろんオルセー美術館から)。感想としては輪郭線がなくて顔なんか全くぼやけた感じなんだけどなんか空気の存在感が素晴らしいなと思いました。また、そよ風が吹いていてさわやかな感じがしました。
 また、「かささぎ」という作品もかなりよかったです。冬の雪が積もった情景を描いているのですが雪の白の表現の仕方が真っ白ではなくいろいろな色が混ざっていて逆にそうしたことでうまく表現できていますね。これもまたオルセー美術館からのものです。やっぱり同じモネの作品でもオルセー美術館はよい作品を所蔵してますね。
 積みわら、ルーアン大聖堂、睡蓮といった連作のものも数が多いとはいえませんがまとまって展示してあるのも比較して観ることができるので面白いです。
 個人的にはモネの良さを堪能できる展覧会だったと思いました。印象派(モネ)好きな方はぜひとも足を運んでみてください。
[PR]
by puyan27 | 2007-04-07 19:40 | 美術館・美術展