ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

スキン+ボーンズ-1980年代以降の建築とファッション(国立新美術館)

e0034068_1313462.jpg この展覧会は建築とファッションの共通点についてが主題であるとは思います。自分の場合は、建築に対する興味に気持ちが偏りすぎているため、本来の展覧会の趣旨を理解したかというと(各々のセクションとの関連付けも含めて)Noです(T.T)。とはいえ、建築だけを観るのもなかなか面白かったと思います。。
 展示されていたのは映像、写真、模型などレベルは様々ですが、ジャン・ヌーヴェル、坂茂、フランク・ゲーリー、プレストン・スコット・コーエン、、アイゼンマン、妹島和世+西沢立衛/SANAA、FOAなどなどといった方々の何らかの展示がされております(大変なので全部は書きませんが)。個人的には、初めてお聞きする名前がいっぱいです。坂茂のノマディック美術館、妹島和世+西沢立衛/SANAAの金沢21世紀美術館など実際に行ったことがある場所の設計をされた建築家については当たり前ですけどわかりやすいですね(個人的な趣味の美術館ネタばかりかも(^○^))。
 フランク・ゲーリーは最近、渋谷Bunkamuraのル・シネマでスケッチ・オブ・フランク・ゲーリーという映画が上映されているので観てきましたのでちょっとは知っております。ビルバオ・グッゲンハイム美術館の造形はすごいです。ぜひともスペインに行ったら見逃せない建築のひとつだなあと思います。
 自分の中で一番インパクトがあったのはエンリック・ミラーリェスサンタ・カテリーナ市場です。古い建物群の中にあるその建築は、屋根がものすごくカラフルで空から観るのがとても美しいものです。展覧会では映像が流れていますのでばっちり見ることができます。世界にはいろんな現代建築があるなあとわくわくさせてくれる作品です(^○^)。
[PR]
by puyan27 | 2007-06-24 22:59 | 美術館・美術展