ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

パルマ―イタリア美術、もう一つの都(国立西洋美術館)

e0034068_1343695.jpg この展覧会はイタリアのパルマについてです。そういえばパルマ公国やファルネーゼ家って世界史で勉強したような記憶があるような・・・。この都も芸術と音楽についてはすばらしい文化と歴史を持っているんですね。
 コレッジョパルミジャニーノといった芸術家についても初めて知ったんですがすごく愛らしい絵を描く人たちだなあと思います。人物の顔なんかは特にそう感じますね。母性あふれるような女性の作品がとても印象的です。
 個人的に好きだなあと思ったのはパルミジャニーノの「ルクレティア」という作品です。肌の色彩がすごく美しく、また編みこまれた金色の髪なんかもすごく繊細に描かれているんです。短剣を胸に突き刺しているという劇的な場面ではありますがそういったどろどろした部分は全く感じさせない作品です。また、マニエリスムという手法もこの人の特徴で、重要なキーワードのようです。
 ファルネーゼ家の数々の肖像画についてもなかなか身に纏った豪華絢爛な甲冑がとても興味深いものです。
 バルトロメオ・スケドーニの「キリストの墓の前のマリアたち」という作品はものすごくドラマティックな作品です。特に光の差し方が鮮明に感じ、とても美しいです。
 全然話は変わりますが、展覧会会場の一番最後あたりに写真がちらっと展示されていたと思いますが気が付いたでしょうか?パルマはパルミジャーノ・レッジャーノというチーズと生ハムが有名らしいです。たまたま新丸ビルに行ったときに「イルカランドリーノ ドルチェ.サラート」というお店がB1Fに入っていて、立ち寄ったら試食もさせてくれました。ちょ~うま~い(^○^)。チーズと生ハムってかなりはまりますね。とはいえ値段はそれなりにするとは思いますが・・・。
[PR]
by puyan27 | 2007-07-01 13:04 | 美術館・美術展