ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

アルヴァロ・シザの建築(ギャラリー・間)

e0034068_16271519.jpg ギャラリー・間は千代田線の乃木坂駅の3番出口から出てすぐのところにあり、以前から行きたいと思っていたところです。アトリエ・ワン展が開催されていたときから何度か訪れてはいたのですがGW等が重なったりしてお休みでしたため、断念しておりました(T_T)。今回はアルヴァロ・シザの建築展が開催されており(リアルタイムに書いてなくてごめんなさい。現在は終了しております。)、早速観てきました。無料でこんな展示会を観ることができるなんてかなりお得ですね~。
 アルヴァロ・シザ氏はポルトガルの建築家です。この方の建築の印象は素人な私から見ると、実にシンプル。壁も真っ白なものが多く、清楚な感じがしました(語彙力がなく、適切な言葉が見つからないのですが。)。でも、70歳代の方の作品なのでやっぱり、現代建築的ですね。フランク・ロイド・ライトについてインタビューで触れているみたいなので初期作品のレサのスイミング・プールボア・ノヴァのティーハウス・レストランの自然と融合するような造形は影響を受けたんでしょうか。自分としてはこの辺りの作品がとても印象的でした。あとはボウサの集合住宅ですかね。現代の日本(特に都会近郊)ではマンションやアパートが多いと思いますが、いまいち個性に欠けるような気がします(自分が知らないだけなのかもしれないですが)。こんな住宅あったら魅力的ですよね~。外観しかわからなかったので間取りもぜひ見てみたかったです。
 映像でアルヴァロ・シザ氏へのインタビューも流れておりました。仕事への姿勢について語られたりもしておりましたが、これは建築に限らず、様々な職業において共通なことでとてもためになるお話でした。コンピュータを使ってデザインすることと手書きでデザインすることの違いについても非常に興味深いお話でした。たくさんの手書きのスケッチが展示されていたようにアルヴァロ・シザ氏は後者なのだそうです。コンピュータによる設計は最近になってからのことですので高齢者にはなかなかとっつきにくいものがあるのでしょう。
 余談ですが、このギャラリー間があるビルの2階は建築関係の書籍を扱っているショップになっているところも建築好きには魅力的です。これからもちょくちょく訪れてみたいと思います。
[PR]
by puyan27 | 2007-07-28 16:23 | 展示会