ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

カテゴリ:展示会( 21 )

e0034068_654431.jpg 写真専門の美術館へ行くのは初めてですが、恵比寿ガーデンプレイスの東京都写真美術館へ行ってきました。2006年12月3日(日)で終了となりますが「パラレル・ニッポン 現代日本建築展 1996-2006」を観るためです。建築にも興味があるため、とりあえず観てみようと足を運んだ次第です。
 展示会では都市のサイクル(中心と周縁)・生命のサイクル(誕生から葬送まで)・文化のサイクル(環境・情報・アート)住まいのサイクル(順応か逸脱か)といったカテゴリーに分かれて建築物の写真が展示されておりました。六本木ヒルズや表参道ヒルズといった自分でも行ったことことのある場所でも航空写真ですのでなかなか興味深いものでした。またカテゴリーごとに建物の用途や目的など様々な要求を満たした斬新なデザインの建物の写真が110作品もずらりと並ぶとボリュームは十分あるの見応えはあります。しかし建築について初心者な私にはこれらの作品について表面的な部分でしか理解はできていないのだと思います(T.T)。
 110作品もあるということは建築設計された方もその数だけおられるはずです。オペラシティアートギャラリーで開催されている伊東豊雄さんの展示会のように一人の建築家に特化し、作品ごとに詳細な説明が入っているとそういった設計になった経緯がわかるのでまた全然理解度が変わってくるのですがこの展示会はそこまでは無理でしょう。さらっと説明は書いてはあるのですが私にはちょっと厳しかったですね(単に期待しているものが違っただけかもしれませんが)。
 最近、建築探偵の藤森照信さん著の日本の近代建築〈上 幕末・明治篇〉及び日本の近代建築〈下 大正・昭和篇〉を読みました。東京近郊にある古い洋館などにすごく興味があり、足を運んだりしていたのでこの本を読むと西洋建築の影響をどのように受けたのか、時代時代に出てくる建築家たちはどのような建築思想を持った人々なのかといったことが理解できて大変面白かったです。今回の展示会はこれらに書かれた内容から更に先のお話である(丹下健三さんはぎりぎり載っております)と考えると110の建築家たちがどのような建築思想の影響を受けた方々なのか非常に興味がありますので少しずつ知る機会があれば勉強してみたいと思います。
 あとは個人的ですが美術館好きなので文化のサイクルのカテゴリーが一番面白かったですね。「金沢21世紀美術館」「東京国立博物館法隆寺宝物館」は既に行ったことがあります。「秋野不矩美術館」はかなり興味津々です。まあ、本来は美術展を観るために行くのですが建物としても楽しめば一石二鳥といったところですかね。
 といった感じで最初はフィーリングで建築に興味を持つことが大切であるような気もします。詳細な知識なんかはそれからでもついてきますものね。気軽に学んで行くとしますか。
[PR]
by puyan27 | 2006-12-02 22:52 | 展示会
e0034068_9431351.jpg 東京オペラシティアートギャラリーで開催されている「伊東豊雄 建築|新しいリアル」を観に行って来ました。早速展示会の感想です。
 まず最初は、台中メトロポリタン・オペラハウスのコンペティション応募案が紹介されていました。模型もおいてありますがまずは素人目に見ると今までにない斬新な形をした建物でした。なんかチーズみたいですね。「エマージング・グリッド」なるシステムが使われているのですがどういうものかはさておき、なぜこういう形に至ったのかってところが私的には気になるところです。この方はコンピューター・テクノロジーを駆使されているんだなと思いました。昔では考えられないような形ができるのもその恩恵なんでしょうね。もちろん建物を建てる技術も発達しているからだと思いますが。
 次に、瞑想の森 各務原市営斎場の屋根の一部分が置いてあり、その実際の工事の様子等のビデオが流されていました。この建物を見てわかるとおり屋根の曲線がすごく印象的です。どうやって実現しているのだろうと思っていましたが本物が展示してあるので納得。また上に乗ることもできるので耐久性もなんとなく実感できました。
 更に進むと、①多摩美術大学新図書館(建設中)、②スペインのリラクゼーションパーク・イン・トレヴィエハ(建設中)、③商業ビルのMIKIMOTO GINZA2 ビル、④ロンドン、ケンジントンガーデンズ内のギャラリーに仮設されたサーペンタイン・ギャラリー・パヴィリオン2002、⑤劇場複合施設の杉並芸術会館(2006冬建設開始)、⑥商業ビルのTOD'S 表参道ビル、⑦アートギャラリー、図書館などが複合化されたせんだいメディアテークの7つに対する模型が飾られており、ひとつひとつに対する設計から建設現場までの様子がビデオで流れていました。ひとつひとつ観ると時間はかかりますがすごく面白いです。なにしろどれも形は斬新ですのでどうやってこういう形に結論づいたのかが興味津々なんですよね(第1スペースと同じなんですが)。⑥なんかはもう既に完成しているのですが欅をイメージした樹状のパターンと聞くとなるほどって感じでした。そういえばこの建物、見たような見ていないような。表参道に行くときはちょっと気にしてみようかと思います。
 福岡の公園、アイランドシティ中央公園中核施設ぐりんぐりんについてもビデオが流れておりましたが本当に自然と一体化しているような感じですよね。ぜひとも訪れてみたいところです。
 美術展とはまた異なり、建築家の展示会ってすごく面白いですね。もっと他にもいろいろな方の展示会があったらぜひとも足を運んでみたいです。非常に満足(^_^)v。
[PR]
by puyan27 | 2006-11-04 22:50 | 展示会
e0034068_238137.jpg 映画を観た後は52Fの森アーツギャラリーで開催されているダ・ヴィンチコード展へ行ってきました。
 この展示会のみどころはソニエールが殺されたときに紫色の文字でメッセージのようなものを残していたと思いますがそのシーンで使った技術の再現や、実際に撮影で使われた「クリプテックス」をはじめとするいくつかの小道具の展示、そして「最後の晩餐」の原寸大(4.6m×8.8m)を高精彩なデジタルプロジェクターで映し出し、実際に本物が展示されているサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ聖堂にいるかのように体験できるという上映会(5分30秒くらい)といったところでしょうか。他にダ・ヴィンチのさまざまな絵画について説明があったりもしましたがこっちはこの展示会としてでなくても調べれば知ることができそうな感じだったのでいまいちだったかも。映像なんかは大画面の液晶テレビやプロジェクタを通して展示されているのですがこのあたりは映画がソニーピクチャーズなのでソニー製品を使ったさりげなくアピールしているんですよね。戦略的ですよね~。
 1500円はちょっと内容の割には高い気がしますが、個人的にはまあそれなりに楽しめたかなと思います。
[PR]
by puyan27 | 2006-06-10 23:08 | 展示会
e0034068_16581558.jpg 今日から7日まで開催されている書道家、武田双雲さんの「たのしか」という作品展を観てきました。展示会として観に行くのははじめてでしたので楽しみにしていましたがやっぱりいい書を描かれますね~。
 特に「」という字の刀を意識した書はものすごく気に入りました。作品集「たのしか」の中でも2ページを使って載せているのも納得です。
 この日は作品集「たのしか」の購入者にサイン会も行っていたので自分の名前を書いて頂きました。ん~やっぱり達筆です。すらすらと書けちゃうのがすごいですよね。プロなので当たり前といわれればそうなんですがこの人を見ると和好きな自分としては書道に対して血が騒ぎだします。自分もいずれは流暢に筆で書けるようになりたいんです。日頃パソコンばかりに頼っているせいか漢字力も下がってきているような気がしますし、ここはなんとか喝を入れなきゃなあといつも思いますが実行できてないのが実情(T_T)。暇見つけて段まではいかなくとも級くらいはなんとかとりたいところですが・・・。
 ちなみにこのイベントはメインではなくて「第7回10ヵ国大使夫人のガーデニング in Okura」というイベントの同時開催という位置付けだったため、そちらの入場料を払わないといけなかったのでちょっと惑いました。まあ、でもせっかく来たんだし、ホテルオークラ自体も来るのはじめてだったのでまあいっか・・・。更に同時開催の「ボタニカルアート展~ルドゥーテのバラ~」というのもあり一度で三つおいしいといった感じでした。特にボタニカルアートという分野は初めてみましたが侮ることなかれ。植物をここまで精細に描きあげるなんて感動ものでしたよ。観てよかった~。
[PR]
by puyan27 | 2006-05-03 16:41 | 展示会
e0034068_5272427.jpg 先週、先行上映で観たナルニア国物語のイベント、「“ナルニア国物語”の世界展」が新宿伊勢丹で開催されていたので寄ってみました。このイベントは入場無料です。実際に撮影で使われた、衣装や小道具等が展示されてます。映画を観た後だとだいたい展示されているものがどの場面で使われていたのかわかるので見ていて面白いです。
e0034068_5361058.jpgピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーが着用していた衣装
e0034068_5364573.jpg将軍オトミン
e0034068_5365871.jpg白い魔女の衣装と石にされた人々
 他にもいろいろ展示されおりますので暇な人は足を運んで見てみてください。もちろん映画を観た後がベストだとは思いますが・・・。
[PR]
by puyan27 | 2006-03-04 17:24 | 展示会
e0034068_0111992.jpg 今日の東京の天気は雪、気温も低くてかなり寒かったです。都市のようなところだと雪降ってもあまりメリットはないのが実情。お天気は変えることはできないのでまあ仕方ないですが・・・。とはいえ、寒さにめげず、東京大丸ミュージアムで行われているわたせせいぞうの世界展 ~How Romantic~を観てきました。
 この方の作品はちらほらどこかで見ている気がします。記憶は定かではありませんが、雑誌の表紙とかCDのジャケットとかだったと思います。とても個性のあるイラストを描く方なので一目でわかりますね。
 作品については、イラストというジャンルになるのでしょうか?これまた絵画なんかとは一味違ってなかなか素敵ですね。(ん?イラストも絵画の一種?よくわかりませんが・・・。絵を描く手法が異なるだけでなのかな。。。)
 わたせせいぞうさんって実際にとってもロマンチストなんですかね~。作品のひとつひとつを観ていると男と女の恋愛とか出会いとかをテーマにされているんですよね。彼の頭の中に描かれた1シーン1シーンが作品に対してこめられているのだと思いますが、テーマが明確ですね。(というよりはテーマありきで描かれているのかな。)ロケーション、季節感、天候、人物の服装なんかはもちろんですが例えばギターを弾いているシーンの絵では弾いている曲のアーティスト、曲名まで想像しているようですし、彼なりの細かいこだわりがあるようです。すごく想像力が豊かですね。
 新刊「Heart Cocktail eleven」の本物の原画もたくさん展示してありましたが、ストーリーがあって描かれているようなので何を想像して描いたのかの説明を読みながらひとつひとつ観ていくとすごくおもしろく、かつロマンチックな気分にひたれますね。
 自分が一番面白いなと思ったのは週刊モーニングで連載していたという4ページオールカラーコミックの「ハートカクテル」です。1983~1989年とかなり古い作品なんですがこれの原画がいくつか展示されてました。こんな作品あったんですね。まじまじと読んでしまいました。4ページに詰まっているエッセンスがこれまたおしゃれなんです。ぜひ全巻読んでみたいと思ったので本屋へいってみたいと思います。普通の白黒の漫画とは違いオールカラーであるからこそ彼の魅力が発揮されているのだなと思いました。
 川口紀子さんという方の樹脂粘土による花とのコラボレーションも面白い試みだなあと思いました。彼の作品って「花」がよく出てくるのですがその部分を実際の樹脂粘土で作られた造花にしてみたりしています。イラストが本物になるとこんな感じになるんだというのを感じさせてくれました。
 石戸谷準さんという方とのコラボレーションのステンドグラスも夜の街の風景をステンドグラスにするとイラストとは違ったよさが出ていて素敵でした。
 その他にも月刊BRIOにて連載中の「Heart Station」の原画や作品が完成するまでの各工程の状態が展示してあったりして、ひとつの作品を完成させるのにいかに考えて描かれているかが伝わってきました。線画(色がはいってない状態)なんか見てると小さい頃にやった塗り絵を思い出しちゃったりして色鉛筆やマーカーで色塗りしてみたくなっちゃいましたね。
 作品に対して共感できるし、個人的には好きなイラストレータですね。みなさんはいかがでしょうか?

わたせせいぞう公式HPはこちら:http://www.apple-farm.co.jp/index.html
[PR]
by puyan27 | 2006-01-21 17:12 | 展示会

TOKYO AUTO SALON 2006 with NAPAC

 本日は幕張メッセで行われているTOKYO AUTO SALON 2006 with NAPACへ行ってきました。カスタマイズされた車のオンパレードで東京モーターショーとはまた違った楽しさがあります。ではその様子をどうぞ。

e0034068_23275970.jpg車名わからん
Pro Chrome for WORKS/Weld
e0034068_23281910.jpgFABULOUS FERRARI 430
FABULOUS
e0034068_23283512.jpgXANAVI NISMO Z
NISSAN
e0034068_23285254.jpgINPUL MARCH
株式会社ホシノインパル
e0034068_2329520.jpgKranze GS430
weds.co.,Itd
e0034068_23291615.jpgストリームZ[Z33]
JUNオートメカニック
e0034068_2329295.jpgサンアイワークス With SEXY STYLE MMブラザーズFC[FC3S]
サンアイワークス&show UP アサヒ
e0034068_23294229.jpg八潮ファクトリーS15琉球バージョン
YASHIO FACTORY
e0034068_23295287.jpgMAZDA RX-8[SE3P]
JIC
e0034068_02453.jpgCOPEN ZZ?
DAIHATSU
白いRECAROの文字が入ったシートがまぶしかったです。
e0034068_031616.jpgOPEN INTERFACE TOM'S SUPRA
TOYOTA
e0034068_032772.jpg日産ブースのステージの様子

e0034068_0346100.jpgNSX-GT
HONDA?
e0034068_0134621.jpg撃速 CAHRGESPEED IMPREZA GDB F型 TYPE-Ⅱ
撃速 CAHRGE SPEED
e0034068_0142496.jpgRoad Storm
Road Storm
e0034068_05673.jpgラジコンのミニカーでコースを走らせていたのですが詳細のパンフもらうの忘れてしまいました。カーブとかではミニカーなのにちゃんとドリフトするんですよ。なかなか本格的な走りをしていました。思わず欲しくなりますね。
e0034068_056279.jpgASM筑波スペシャル2005
オートバックスグループ
e0034068_0563817.jpgHKS Genki Racing Performer IS220-R
株式会社エッチ・ケー・エス
e0034068_0564853.jpgCIRCUIT TRIAL
MAZDA
e0034068_056574.jpgなんでavexのブースがあるんだ?と思っていたら本イベントのスポンサーなんですね。
e0034068_1123267.jpgZ TALK SESSION
GUEST
日産チーフプロダクトスペシャリスト
湯川伸次郎
日産栃木ブルービンググランド開発ドライバー
加藤博義
NAVIGATOR
モータースポーツジャーナリスト
高橋二朗
e0034068_1125919.jpgSUBARUブースでやっていた水平対向エンジンの組み立て(?)。手つきが本当に職人みたいな裁きでした。メカ好きでマニアックな人が好みそうですね。
e0034068_129998.jpgOHLINS LANCER Evolution WAGON
三菱自動車
e0034068_1293256.jpgSYMS Racing with TEXMODIFY D1spec
SYMS Racing
e0034068_1294867.jpgEBBRO M-TEC NSX
無限MUGEN
 だいぶ景気がいいからか大手をはじめとする各社はみなステージショーのようなものをやってましたね。しかも雇っているコンパニオン等の数がかなり増えているような気がしました。日本経済ますます伸びてくれるといいなあ。
[PR]
by puyan27 | 2006-01-14 23:26 | 展示会
 ヴィヴィアン・ウエストウッド展の後は森都市未来研究所で開催されている「キング・コング展」を観てきました。このイベントは全く知らなかったのですがたまたま一緒にチケットが売っていたので相乗りして購入してしまいました。映画の方も観たばかりなのでかなり惹かれてしまいました。
e0034068_01746.jpg
 2004年のニューヨークの模型はたしかに圧巻、こんなのよく作れるな~と感心してしまうほど立派でしたが他に見所がないのが残念。。。というのが本音ですね。しかもこの模型は入場しなくても外からのぞいて見ることができるんですよね。ニューヨークで行われたキングコングのプレミアショーにあったような巨大なキングコングがあったりしたらまた客の入りも違うんじゃないかなと思うんですが、いまいちのコンテンツでした。映画自体は本当に面白かったので興味がある人は見てみるのも悪くはないかと思います。
[PR]
by puyan27 | 2005-12-19 23:38 | 展示会
 昨日プーシキン美術館展に行ったあとは六本木に向かいました。目的はファッション大好きな「Field_strawberry」さんから薦められた「ヴィヴィアン・ウエストウッド展」を観たかったから。ファッション系の展示会ってのもなかなか行く機会がないのでいいかもな~。ってことで行ってみました。写真を撮りまくってきてね~ってオーダーだったけど、この手の展示会は撮影禁止なのでなんにもとれないんだよな~。撮れたのは入口のこの一枚だけ。。。しかもあまりに光が明るくてうまく撮れてない。。。すんませんm(__)m。
e0034068_23235848.jpg

 観た感想ですが、このヴィヴィアン・ウエストウッドさんがセックス・ピストルズとかかわっているようなすごい方だということ、そして破壊、再生、革新、洗練と書かれているように確かに斬新なデザインの服(日本人には着て歩くにはかなりスタイルがいいとか自信・度胸がないとなかなかできないな・・・)を生み出している方なんだなあということは伝わりました。だけどね~やっぱり女性向けの服が圧倒的に多いのでちょっとわからん部分も多くて理解に苦しんだかも。あとはちょっとお世辞にも好きとは言えないデザインでした。でも個性抜群ですね。その点は評価できると思います。展示会内でファッションショーの映像が観れましたがこれは面白いです。飾ってある服を観るよりはこっちのほうが面白かったですね。
[PR]
by puyan27 | 2005-12-19 23:09 | 展示会
 2年に一度の大イベント、東京モーターショーは絶対に欠かせないイベント。今年は景気もよく、トヨタをはじめとした日本の自動車業界はかなり業績もいいはずなのでかなり期待できるでしょう。今回のショーテーマは「“Driving Tomorrow!”from Tokyo みんながココロに描いている、くるまのすべてに新提案。」というわけで会場に潜入!!

e0034068_23552346.jpgJR海浜幕張駅より徒歩5分くらいです。北2ゲートから入場しました。
e0034068_235552100.jpgまずは北ホールの二輪車から見に行きました。写真はGen-Ryuというコンセプトモデル。近未来的デザインです。
e0034068_23574168.jpg次にメインの自動車を見に西ホールへ移動。ブリジストンブースにあったフェラーリ。相変わらずこの赤は目立ちますね。
e0034068_23562372.jpg今回の目的のひとつである日産ブースのGT-Rです。すごい人混みでした~。エンブレムはこれまた相変わらずです。ライト部分がだいぶきつくなりましたが格好いいなあ。

e0034068_23564419.jpg同じくGT-Rの後ろ部分です。丸目のテールランプは変わらずですね。スカイラインはこれでなくちゃ。
e0034068_2357946.jpgフェラーリブースにあった白のフェラーリ(車種名わからん。。)です。白のフェラーリって初めてみたかも。なかなか清楚な感じでいいですね。

e0034068_042440.jpg同じくフェラーリブースにあった白のフェラーリ(これまた車種名わからん。。)です。ここも人混みがすごくて写真のアングルを確保しようと皆必死でした。
e0034068_065471.jpgホンダブースのSPORTS 4 CONCEPTという車です。ちょうど見ていた時にショーが始まりました。ちゃんとショーの説明を聞きながら見るとわかりやすいですね。「feel FINE!」っキャッチフレーズ(?)が印象的でした。

e0034068_0832.jpgROVER MINIのブースにありました。ミラー部分のカラー模様ってなかなかおしゃれな感じでよいですね。この車はかっこいいという感覚とはまた違う良さがあります。基本的にROVER MINIは好き。
e0034068_095983.jpgBMWブースのZ4です。あとから考えるとオープンカータイプじゃなかったっけ?この車って。ちょうどトップがしまっていたのかな。。。

e0034068_09139.jpgアウディブースのShooting Brake Conceptという車です。また独特の顔つきです。
e0034068_0115584.jpgBUGATTIブースのVEYRON 16.4という車です。斬新なデザインです。BUGATTIってどこの国の車なんだろう。

e0034068_0121726.jpgランボルギーニブースの白のランボルギーニ(車種名わからん。。)です。やっぱり格好いい。試乗できないのは残念です。
e0034068_0145348.jpgこれもランボルギーニブースの白のランボルギーニ(これまた車種名わからん。。)です。ガルウイングは健在ですね。

e0034068_0153759.jpg九州の知人に頼まれた東京モーターショー限定発売のトミカをGETしにきました。九州からじゃさすがに買えないですもんね。
e0034068_016433.jpgお目当ての開催記念トミカです。この後、頼まれた物を早速GET!!売り切れでなくてよかった。。

 目的にひとつであったレクサスブースなんかは悪くはないけどデザイン的にはあまり惹かれるものはありませんでした。ちょっと残念。もうちょい年齢があがってからかな。あとおなじみカーナビやカーオーディオメーカのブースもなかなか面白いですね。年々本当に進化してますよね~。そしてコンパニオンのお姉さんにはカメラ小僧さん(小僧どころかおじさんもいっぱい)がものすごかった~。こっち目的の人もかなりいるんだろうな。大盛況のイベントでした。でもかなり帰りはぐったりでした。。。
[PR]
by puyan27 | 2005-11-03 23:44 | 展示会