ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

カテゴリ:美術館・美術展( 90 )

ムンク展

e0034068_023815.jpg 今年初で観た美術展は上野の国立西洋美術館で開催されている「ムンク展」です。6日までなのでぎりぎりセーフで間に合いました。そのためなのか人混みはかなりのものでしたが・・・。
 ムンクというと「叫び」があまりにも有名なので一度は聞いたことのある画家でしょう。私はまだこの方の作品はひとつも観たことがなく、「叫び」以外の作品もどのような作品があるのか知らないため、今回は見逃せない機会だったと思います。「叫び」は今回は来日してはおりませんが、「生命のフリーズ」シリーズを数多く観ることができるので十分「叫び」と同等のものが感じとれます。ムンクの作品って素人にはなかなか理解が難しいだろうなあって最初からなんとなくわかっていたのでためらわず音声ガイドは借りてしまいました。思ったとおりこの解説はかなり役に立ったと思います。
 「生命のフリーズ」シリーズのように絶望や不安が爆発して表現されているものは気持ち的に負に働く部分がありますよね。ムンクの場合、色彩なんかかららして伝わってくるものが強烈ですよね~。なので逆に次の章なんかで展示されていた装飾や壁画の作品を観ると色彩が一変して心がなんとなくなごんできます。アクセル・ハイベルク邸、マックス・リンデ邸、ベルリン小劇場、フレイア・チョコレート工場の装飾、オスロ大学講堂、オスロ市庁舎の壁画といったものが習作も含めて展示されておりましたが、個人的にはオスロ大学講堂の「太陽」の本物を観てみたいなと思いました。ちなみにこの場所、1989年まではノーベル平和賞の授与式が行われていたのだそうです。ノルウェーに行く機会があったらぜひとも訪れてみたいところですね。
 余談ですが、国立西洋美術館は日本では唯一のル・コルビュジェ設計による建築ですが昨年の12月21日に国の重要文化財に指定されたそうです。そのような建築に気軽に足を運べるのもうれしい限りですね。
 
[PR]
by puyan27 | 2008-01-04 19:21 | 美術館・美術展
e0034068_2313177.jpg 久しぶりの投稿です。両国の江戸東京博物館で開催されている「特別展 北斎-ヨーロッパを魅了した江戸の絵師-」を観に行ってきました。冨嶽三十六景の神奈川沖浪裏とか凱風快晴の赤富士なんかはあまりに有名ですので何の変哲もないのですが今回の美術展はオランダ国立民族学博物館とフランス国立図書館所蔵の作品が展示されるというので興味が惹かれました。特にオランダとの関係が面白く、シーボルトやオランダ商が本国に持ち帰ったものがあり、それらの作品が今日まで保管されているというのは誠にうれしいですね。
 これらの作品群についての感想ですが、保存状態もかなりよくて全然褪せていないのですで素晴らしいです。しかしながらいままで観たことのある作品と比べるとなんか色数が多いような・・・。ちょっと派手に感じました。外国向けに描いたからってわけではないんですかね~。作者を見ると北斎工房と書かれており、推定で書かれていたりもします。要するに北斎が描いたと特定はできるものとできないものや、北斎の弟子と共同で描かれたりしたもののようです。
 作品の展示の仕方はとてもよくて他の作品で類似しているものや参考写真を並列して展示しているので比較して観ることができるのはとてもよかったですね。
 他にも冨嶽三十六景、諸国瀧廻りといった有名なシリーズや肉筆画なんかも数多く展示されており、これはこれでよいですが個人的には上記のオランダ、フランスから来日した作品が一番興味深かったです。
[PR]
by puyan27 | 2007-12-09 23:13 | 美術館・美術展
e0034068_23303197.jpg フェルメールの作品を観るのは初めてでした。なにせ彼の作品は世界で三十数点しかなく、日本には一点もありません。今回のような機会はアメリカやヨーロッパに行く手間を考えれば素晴らしいことですね。普通このような作品は貸し出したがらないでしょうから。
 今回来日した「牛乳を注ぐ女」ですが展示の仕方も他の作品とは分けて一点のみで広いスペースが設けられていました。たいがいこういった有名作品の場合、人が殺到するのは目に見えてますので当然かも知れません。私が行った日も朝一のわりには人多かったです(T_T)。作品も実物を観るとかなり小さいのにもかかわらず絵との距離はそれなりにあるし、しかも人が多いとなるとやっぱりゆったりと鑑賞できないです。東京国立博物館の特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」 で受胎告知を観に行ったときを思い出してしまいました。ダヴィンチの時よりは断然観やすかったですが。
 何気にかなり気合い入れてねばって観てきましたが構図とかパンの質感、わざと歪んで描いているといわれる机、ラピスラズリを使っているという青色や、光の表現の仕方など印象的なものばかりでした(^O^)。やっぱり名画って素晴らしいですね。
 話は変わりますが「フェルメール全点踏破の旅 (集英社新書ヴィジュアル版) 」という本が出版されているのでこの美術展を気に読んでみましたがなかなか面白かったです。同じ画家の作品を比較すると特徴なんかがわかってとても面白いものなのだなということがわかりました。フェルメール作品がカラーで全点わかるのでぜひともお薦めの本です。
[PR]
by puyan27 | 2007-10-08 21:27 | 美術館・美術展
e0034068_23103068.jpg 六本木の東京ミッドタウンは初めてではないですがサントリー美術館へ入るのは初めて。現在、「水と生きる」展が開催されております。この美術展ですが、調べると展示替えが前期・中期・後期と3回あり、作品もかなり入れ替わっているようでどの時期に行こうか迷っていましたが円山応挙の「青楓瀑布図」が後期に出品ということで迷わず後期に決定とした次第です(^○^)。
 青海波はとても好きな模様ですが、日本がオリジナルではないのは初めて知りました。なんて説明が書いてあったか忘れてしまったのですが、ネットで調べると中国の青海地方の民族文様に由来する山岳文様って書かれているようです。てっきり日本のものだと思っていたのですが大陸文化の影響はやはり大きいですね。
 いろいろな展示品の中で自分としては第3章の涼 水の感覚で展示されていた江戸時代の数々の磁器や切り子などがとても素晴らしかったです。薩摩切子なんて本物は観たことなかったのでかなりわくわくしました。当時の造形技術が素晴らしく、また藍色がなんともいえませんでした。鹿児島に行ったらもっとたくさんの薩摩切子に出会えるんでしょうね。よく考えると江戸切子なんかは技術が伝統的に継承されてますので今でも観ることができますが江戸時代のものって観たことがないですね。素人目に観てわかるものではないかもしれないですが実際によくお店で売られているものと比べてみてどうなんだろうと思ったりもしました。まあ、ピンキリですので比較対象にもよるとは思いますが、よいものを観ておくことは大切ですね。
[PR]
by puyan27 | 2007-08-11 23:09 | 美術館・美術展
e0034068_0551114.jpg 久しぶりに東京都現代美術館へ行ってきました。ここでは元スタジオジブリの男鹿和雄展が開催されております。
 アニメーションがどのように作製されているかっていままで意識したことはありませんでしたがこの美術展ではじめて触れることができました。男鹿和雄氏は背景画を水彩で描かれており、様々なテレビアニメ、ジブリ作品を手がけてきております。背景画の役割って全く知りませんでしたがこんな風に使われているものだとは…。たしかにアニメの場面を見ると背景の部分は当然動く部分ではないので絵であればよいのは納得です。その上に動くキャラクター等を重ねたりしているんですよね。それに加えて撮影するにあたり様々なテクニックがあるようなのですがこれがいくつか実際の作品を例にして紹介されております。これがなかなか面白いです。
 三鷹の森ジブリ美術館の協力を得ているようですのでこちらでもこのような展示はあるんでしょうかね。行った事ないのでわからないのですが…。すごく興味がわいてしまいました。近々、チケット手に入れて行ってみようかなあ。
 ところで美術展の内容ですが前半は「ガンバの冒険」「あしたのジョー2」「幻魔大戦」「カムイの剣」などいったテレビアニメから「となりのトトロ」「魔女の宅急便」「紅の豚」などいったジブリ作品のかなりの数の背景画が展示されております。後半から上記のようなアニメの撮影技法だとか背景画の技法だとかが紹介されております。通常の絵画なんかとはまた一味違った楽しみがあってとてもよかったと思います。
 アニメの映画を1本作製するにしても相当な手間がかかっているし、背景画のようなものはまた才能が必要でしょうし、特殊な職なんだなと思います。いや~アニメ恐るべし!!
[PR]
by puyan27 | 2007-07-21 17:53 | 美術館・美術展
e0034068_131469.jpg この展示会は東京藝術大学創立120周年記念事業の一環で無料で開催されておりました。「金刀比羅宮 書院の美」を先週観に行った時に一緒に観るはずだったのですが時間オーバーで観ることができませんでした(T_T) 。本来は国立科学博物館のインカ・マヤ・アステカ展が目的で上野に向かったのですが初日であったので70分待ち状態ぐらいでしたので別の日にすることにし、この「JR東日本展―“鉄道のデザイン~過去から現代・未来へ~”」を観ることにしたのでした。。。
 鉄道が大好きってわけでもないのでそれほど期待していたわけではなかったのですがなかなか面白かったです。1階は年代ごとの宣伝ポスターや駅弁のラベル、昔の定期券や切符などが展示されており、レトロな感じがとてもよかったです。2階が個人的にはよかったのですが、一番目を引いたのは「東京駅丸の内駅舎保存・復原」のスペースですね。辰野金吾氏設計で国指定重要文化財であるこの建築物が創建当時の姿に戻るとのことでかなりわくわくしました。このような取り組みはとても素晴らしいことですね。2011年まではまだかなり先ですが期待したいと思います。あとは今年10月14日にさいたま市にオープンされるという鉄道博物館もちょっとした話題でした。秋葉原の万世橋のところにあったのがいつの間にかこちらに移転になっていたとは…。
 普段は何気なく利用している鉄道ですがこういった展示会を観ると技術的な発展などに対する企業の努力が垣間見えて親近感が沸くものですね。鉄道に対する興味がますます沸いてきたのでした。
[PR]
by puyan27 | 2007-07-16 22:55 | 美術館・美術展
e0034068_1145465.jpg  上野の東京藝術大学大学美術館で「金刀比羅宮 書院の美」展が開催されております。本日は初日。
 香川県にある金刀比羅宮(ことひらぐう)ですが、以前に一度だけ訪れたことがあります。ここって本宮から奥社までがめちゃめちゃ距離があって大体2時間半から3時間くらいはかかった覚えがあります。階段をひたすら上るので普段運動不足の人にはかなりしんどいでしょう。その時は、あんまり美術に興味がなかったせいか気にもしてませんでしたが、実は美術品の宝庫みたいなとこだったんだなあと今回の美術展を訪れて思いました。かなり敷地が広い(公式HPの地図を見ていただければ一目瞭然です。)ので気がつかなかったということもあるかもしれませんが、書院は当時は訪れてませんねえ。表書院や奥書院は円山応挙邨田丹陵岸岱伊藤若冲といった方々の障壁画や襖絵があり、それは見事なものです。今更ながらなんで観てこなかっただとちょっと後悔の念はありましたが今回観ることができたのでまあいいかな…。
 本来は書院の間の作品ですので今回の展示ではなるだけ忠実に配置等を再現しております。画家の方々もちゃんと書院の間に飾るということを意図した上で描かれておりますので単に襖を並べただけとかではその意図が伝わらなくなってしまいますのでこれは当然のことかと思います。とはいえ個人的には展示室内に書院という日本の伝統的な建物を再現するのはちょっと無理ですので物足りない感はしましたがそれはまた金刀比羅宮を再度訪れた時の楽しみとしましょう。ただし、奥書院については普段は一般公開されていないようですのでそういった意味では今回の美術展は貴重ですね。公式HPを見るとこの美術展の開催期間中は書院全体を閉鎖していて、10月1日から公開(金刀比羅宮に巡回)となるようですがその時には奥書院が特別公開となるらしいです。これは見逃したくない機会ですよね。本場の讃岐うどんも食べたいですし(映画UDON等もあったからかなりブームだったと思うがちょっとは沈静化したのかな?)、ぜひとも計画を立てなければ。
 書院の作品って京都なんかでも結構観てますがかなり傷みが激しいところが多いような気がします。今回の円山応挙の作品のように墨画なんかだとまだ状態は良いとは思いますが、金箔と色がついたものになると本当は見事な作品だったのでしょうがちょっとお世辞にも素晴らしいとは言い難いものもあります。そういう作品には往年の頃のイメージを思い浮かべてしまったりはしますねえ。伊藤若冲の花丸図にしてみても過去に動植綵絵という極めて保存状態の良い素晴らしい作品を観ているので傷んでいるとはいえ絵の繊細さはびんびん伝わってきました。
 ちなみにこの美術展を見終わったら「歌川広重《名所江戸百景》のすべて」が同時開催されておりますのでこちらもお見逃しのないように。金刀比羅宮 書院の美を観た人にはもちろん無料です。江戸百景(実際には120くらい)すべて観るのはなかなか大変ですがこの版画観ると発色がよくて保存状態がかなりよいですね。江戸百景すべてを観たのは初めてだったのでかなりよかったです。いや~満足なひとときでした。
[PR]
by puyan27 | 2007-07-07 19:44 | 美術館・美術展
e0034068_1343695.jpg この展覧会はイタリアのパルマについてです。そういえばパルマ公国やファルネーゼ家って世界史で勉強したような記憶があるような・・・。この都も芸術と音楽についてはすばらしい文化と歴史を持っているんですね。
 コレッジョパルミジャニーノといった芸術家についても初めて知ったんですがすごく愛らしい絵を描く人たちだなあと思います。人物の顔なんかは特にそう感じますね。母性あふれるような女性の作品がとても印象的です。
 個人的に好きだなあと思ったのはパルミジャニーノの「ルクレティア」という作品です。肌の色彩がすごく美しく、また編みこまれた金色の髪なんかもすごく繊細に描かれているんです。短剣を胸に突き刺しているという劇的な場面ではありますがそういったどろどろした部分は全く感じさせない作品です。また、マニエリスムという手法もこの人の特徴で、重要なキーワードのようです。
 ファルネーゼ家の数々の肖像画についてもなかなか身に纏った豪華絢爛な甲冑がとても興味深いものです。
 バルトロメオ・スケドーニの「キリストの墓の前のマリアたち」という作品はものすごくドラマティックな作品です。特に光の差し方が鮮明に感じ、とても美しいです。
 全然話は変わりますが、展覧会会場の一番最後あたりに写真がちらっと展示されていたと思いますが気が付いたでしょうか?パルマはパルミジャーノ・レッジャーノというチーズと生ハムが有名らしいです。たまたま新丸ビルに行ったときに「イルカランドリーノ ドルチェ.サラート」というお店がB1Fに入っていて、立ち寄ったら試食もさせてくれました。ちょ~うま~い(^○^)。チーズと生ハムってかなりはまりますね。とはいえ値段はそれなりにするとは思いますが・・・。
[PR]
by puyan27 | 2007-07-01 13:04 | 美術館・美術展
e0034068_1313462.jpg この展覧会は建築とファッションの共通点についてが主題であるとは思います。自分の場合は、建築に対する興味に気持ちが偏りすぎているため、本来の展覧会の趣旨を理解したかというと(各々のセクションとの関連付けも含めて)Noです(T.T)。とはいえ、建築だけを観るのもなかなか面白かったと思います。。
 展示されていたのは映像、写真、模型などレベルは様々ですが、ジャン・ヌーヴェル、坂茂、フランク・ゲーリー、プレストン・スコット・コーエン、、アイゼンマン、妹島和世+西沢立衛/SANAA、FOAなどなどといった方々の何らかの展示がされております(大変なので全部は書きませんが)。個人的には、初めてお聞きする名前がいっぱいです。坂茂のノマディック美術館、妹島和世+西沢立衛/SANAAの金沢21世紀美術館など実際に行ったことがある場所の設計をされた建築家については当たり前ですけどわかりやすいですね(個人的な趣味の美術館ネタばかりかも(^○^))。
 フランク・ゲーリーは最近、渋谷Bunkamuraのル・シネマでスケッチ・オブ・フランク・ゲーリーという映画が上映されているので観てきましたのでちょっとは知っております。ビルバオ・グッゲンハイム美術館の造形はすごいです。ぜひともスペインに行ったら見逃せない建築のひとつだなあと思います。
 自分の中で一番インパクトがあったのはエンリック・ミラーリェスサンタ・カテリーナ市場です。古い建物群の中にあるその建築は、屋根がものすごくカラフルで空から観るのがとても美しいものです。展覧会では映像が流れていますのでばっちり見ることができます。世界にはいろんな現代建築があるなあとわくわくさせてくれる作品です(^○^)。
[PR]
by puyan27 | 2007-06-24 22:59 | 美術館・美術展
e0034068_1465483.jpg これまた最終日の前日ぎりぎりで行ってきましたが、お台場で開催されているグレゴリー・コルベール展へ行ってきました。本音をいうと移動式の美術館(建物)っていうほうに興味はもっぱらありました。建築家の坂茂氏の建物も観るのは初めて。まあ、一石二鳥で建築もアートも楽しめるってことですね\(^O^)/。
 内部は当然ながら写真撮影はできないのですが、このコンテナを使った建物、面白いですね。これなら各地でコンテナをレンタルして借りられれば簡易的に美術館を建てることができます。移動式というのはたしかにわかる気がします。内部は柱がずらりと並んでいますが、なんとなく形としてはギリシャのパルテノン神殿の現代版のような気がしました(私だけかなあ?)。
 グレゴリー・コルベール氏の作品についてですが、和紙に写真を印刷するっていうのは面白いですね。照明や音楽等、総合的に演出しているみたいなんですが、像の肌のざらざらした感じなんかとてもよく出ていたと思います。一番不思議に思ったのはこれは合成ではないんですよね?ってことです。よくこんなタイミングの人と動物のふれあいの一瞬を捉えたなあと思います。
 それにしてもなかなかの行列でした(T.T)。写真を見ていただければごらんの通りです。とりあえず外観だけでもアップしておきたいと思いますm(__)m。
e0034068_295753.jpg

[PR]
by puyan27 | 2007-06-23 21:35 | 美術館・美術展