ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

カテゴリ:美術館・美術展( 90 )

e0034068_19255917.jpg 幸野楳嶺(こうの・ばいれい)という京都の美術界では有名な巨匠画家がおられるようです。その門下で四天王と言われたうちの一人が都路華香であり、今回展覧会が開かれることになったとのことです。師匠、師弟関係を意識することって結構重要ですね。幸野楳嶺の門下にしても竹内栖鳳や上村松園のように自分も知っている名前があったのでちょっとうれしかったです(^o^)。たしかにこの関係わかっていると画風的なつながりは把握しやすいかもしれません。今後はできる限り意識してみたいと思います。
 作品の感想ですが、全体的に見通して不思議な感じでした。リアルでうまいって感じるものとお世辞にもうまいって感じではないなあ(説明では稚拙をねらったと表現している)と思えるもので分かれるからです。とはいえ自分の意思でわざとそのように作風を変えたんだろうなってのは容易に想像はできますし、逆にそこが個性につながっているのだと思います。広告で使用している「達磨図」なんかを観ると自分が今まで観たことがある達磨図ってかなり凄みのある顔をしたものがほとんどでしたがこの作品はほのぼのとした顔をしております。美術展覧会第10回展で特選となった「埴輪」なんてすごく面白いです。なぜ埴輪を描こうと思われたのでしょうか?かわいらしい数々の埴輪がとてもなごむ感じでした。また左に座ったおじいさんの優しそうな表情もとても印象的でした。
 作品を観ていると波を描いているものが多くて作品によって描き方が違うなあというのも自ずと感じました。HPの説明によれば波をモチーフに様々な表現的試みを行っていたと書かれております。波といっても大小ありますがこの方の場合はさざ波のような小さい波を様々な描き方で表現しようとしているようでした。ここも確かに見所ではありますね。
 絵画の展覧会ではよく見かけますが写生帖やスケッチブックのようなものって画家は皆描かれている方が多いですね(というか皆描いているんでしょうね。)。今回もたくさんの写生帖が展示されてました。風景に昆虫やら魚、動物などいろいろなものを描かれていてスケッチとはいえうまいですよね。地味な部分ではありますがボリュームがあって個人的には結構面白かったです。
 展覧会の最後に展示してあった「黙雷禅師肖像」は禅の修行で師であった武田黙雷を描いた作品で最後の作品との説明を読んでこの作品を完成させるのには何か想いがあったんじゃないかなあと思いました。我が人生悔いなしだったんでしょうかね。
[PR]
by puyan27 | 2007-01-27 19:26 | 美術館・美術展
e0034068_3473425.jpg  Bunkamuraで開催されているスーパーエッシャー展ですが皆様はオランダの版画家M.C.エッシャーというお名前をご存じでしたか?私は知りませんでしたが宣伝で使用されていた「バルコニー」という作品の中央部分が膨らんだ感じの絵を見たとき非常に印象が強くて直感的に面白そうだなと思いました。単純な動機ではありますが13日までということでいそいそと行ってきました^.^;。
 来てみると前売りチケットを持ってなかったので90分待ち状態の行列でした(T.T)。金券ショップでも売り切れ状態で前売りチケット持っていても60分待ちのようです。今までかなり美術展は行ってるけどここまですごいのは初めて。来た時期とか時間とかそういった要素もあるとは思いますが・・・。
 やっと順番が来て入り、作品を観始めてからもなかなか流れが悪く環境は悪いですがなんとか観てきました。「フンコロガシ」や「トンボ」「」などは非常に観察眼があり、小さいものを拡大してよくここまで繊細に表現しているなと感心しました。「24の寓意画」はひとつひとつの絵に対して4行の諷刺詩が添えられており、非常に面白かったです。まさに金言というべきものでした。風景画もコルシカ島だとか南イタリアなど多数ありますが「夜のローマ」シリーズは様々な線の種類により表現を試みていて線の種類によりこんなに表情が変わるものなのだなと実感できました。更に進むと平面の正則分割による簡単なだまし絵(?)的なものになり、だんだん頭で考えて観るようになるので更に流れが悪化しているような気がしました(T.T)。まあそれは仕方ないとして話は戻りますがだんだん応用が利いてきて更に複雑なだまし絵になって行きます。メビウスの輪を使ったものなど多数あるのですが観ていてこういう作品を小学生時代とか小さい時に見たことあるなあと記憶が甦ってくる人も多いのではないでしょうか。特に「」という水の流れがなんとも不思議な作品を観ればこの人の作品だったんだと納得ですね(私だけなのかな?)。ちょっと懐かしい気がしました。
 この「滝」なのですが立体化したものがYKK AP ショールーム品川で展示されていたらしいです。気が付いたときには期間終了のため既に時遅しでした(T.T)。本当に水が流れるものなのか確かめたかったのですが・・・。
 作品を時間ぎりぎりで何とか観終わるといつもの美術展のグッズ関連が販売されております。大抵こういった美術展はカタログが売っており、値段も2000円以上する場合が多いのでがんがん売れるものでもないですが、ここはかなり売れているような気がしましたね。自分も迷わず買っちゃいました。2500円ではありますが好きな人には価値はあるのかなと思います。
 余談ですがニンテンドーDS LITEを持っている人がたくさんいましたがこれって鑑賞ガイドで無料で貸し出しているんですね。いまさらながら気がついてしまいました(T.T)。
[PR]
by puyan27 | 2007-01-09 03:38 | 美術館・美術展
e0034068_4482216.jpg  皇居東御苑内にある宮内庁三の丸尚蔵館へ行ってきました。ここもまだ行ったことのない場所で、前々から気になってましたが半分は城めぐり(江戸城)の一環を兼ねての訪問です。場所は大手門から入るとすぐのところにあります。もちろん入場は無料です。定期的に展示物は変わっているようで今の時期は新春にちなんで皇室の御慶事に際しての献上された作品の紹介がされているようです。一部屋分ぐらいしか展示品がないのでこじんまりとしていてあっという間に観終わりましたが近年のよい作品を所蔵されてますね。皇室への献上品ですから芸術家の方々も気合の入れようが違うんだろうなあと感じました。HPとかを見ても所蔵品について記載がないのでわからないんですがどのくらいの作品を所蔵されているのか気になるところです。
 ここは最近評価が上がっている伊藤若冲の「動植綵絵」を所蔵されていることは知っており、これはぜひとも必見なのですが昨年に展覧会がやってたようです(T.T)。次までは当分先なんだろうなあ。ただ5月13日より京都の承天閣美術館で「若冲・動植綵絵展」を開催するらしくがまんできないようならこれを観に行くしかないです。
 さらっと美術展を見終わったら今度は東御苑めぐりが待ってます。敷地はそれなりに広いので散歩には最適ですよ~。二の丸庭園なんかはツツジや花菖蒲の時期は最高に綺麗でしょうね。今年は花が咲く頃にぜひとも再度訪れてみたいところです。東御苑散歩については江戸城のタイトルでまた別機会にてご紹介したいと思います(^ヘ^)v。
[PR]
by puyan27 | 2007-01-07 18:47 | 美術館・美術展
e0034068_13212591.jpg 2005年12月23日に開催記念特別展Ⅰ「美の伝統 三井家伝世の名宝」を観に三井記念美術館を訪れました。その時にちょうど展示替えで円山応挙の国宝「雪松図屏風」を観ることができなかったのですがやっと今回の「新春の寿ぎ」で展示されるということです。かなり鑑賞対象の興味がピンポイントではありますが観に行ってきました。
 右隻が直線的で力強い老松、左隻が曲線的で柔らかい若木の松で墨と金泥と紙の白色だけで表現しているとのことですがそれだけでここまで描けるなんて驚きです。遠目に観るのと近目に観るのとでまた感じが違いますが何しろ屏風に描いているものなので作品自体が大きく、遠目に観ても存在感がすごいです。本当に雪化粧の松の木があるようでした。
 茶道具に関してはまだまだ自分の勉強が足りないせいか興味は薄い感じでしたが、penという雑誌で「茶の湯デザイン」という特集がやっており、その美意識について少々勉強できたので今回は少しは進歩したような感じがします。またこないだ愛知県犬山市へ国宝 犬山城を観に行った際、如庵という国宝の茶室もすぐ側にあるので観ることができました。これも興味の増進に役立ったような気もしますね。この美術館にはこの茶室 如庵の内部と同じつくりのものが展示されているので興味ある方は観てみるとよいです。茶の湯が理解できるようになったらすばらしいですね。
 思い出しましたが昨年の茨城県天心記念五浦美術館を訪れた際に興味を持った岡倉天心の「茶の本」を読まないと。
[PR]
by puyan27 | 2007-01-04 21:17 | 美術館・美術展
e0034068_13172847.jpg 太田記念美術館は初めて訪れました。場所は表参道からちょっとはずれた場所にあり、都会的な印象のあるイメージが強い場所なので以外な感じです。この美術館は浮世絵専門ですので浮世絵に興味がない人には縁がないかもしれません。中に入ると灯籠やつくばい、石畳などのある休憩場所が1階真ん中にあります。また、畳に座って鑑賞できる作品スペースもあります。更にところどころに盆栽も飾られております。現代的な作りの美術館が最近は多いのでこういった和風の造りは逆に新鮮な感じがしました。
 今回の美術展はフランス国立ギメ東洋美術館所蔵の浮世絵作品展です。2005年7~8月フランス国立ギメ東洋美術館で太田記念美術館浮世絵名品展を行ったとのことなのでその逆といった感じでしょうか。アールヌーボーのように浮世絵が注目された時期がありましたので海外にもコレクターがたくさんおります。創立者のエミール・ギメ氏もそんな一人だったのでしょう。この時期にはたくさんの優れた作品が海外に流出しているでしょうからこの美術館も相当なコレクションがあるのでしょうね。
 今回の目玉である葛飾北斎の「虎図(雨中の虎)」と「龍図」が対の作品であり同時公開されたのは見逃せないですね。落款には九十老人卍筆とありますので90才近くに描かれた作品ということですね。最晩年の老人が描いたものとはとても思えません。単独でも迫力はありますが、並べて展示すると龍と虎の視線が一致しているのにはしびれるものがありました。何よりも驚いたのは美術館関係者だったのだと思います。どうして片方だけ海外へ流出することになったのでしょうか?その辺の経緯も知りたいような気がしました。何はともあれ今回のような機会はなかなかないと思われるのでうれしいことです。
 もちろんこのような北斎の肉筆画だけでなく版画も多数の絵師のものが展示されております。すごく観たかった作品の一つに歌川広重の「月に雁」があったのですがこれは2月1日以降の後期に登場のようです。前期と後期ではリストを観るとかなり入れ替わるようなので再度来ても損はないようです。葛飾北斎の「虎図(雨中の虎)」と「龍図」はもちろん入れ替わりはありませんので心配ありません。
 地下一階では「海を渡った浮き世の華」という10分くらいのビデオがこれまた面白くてここで上記の視線が一致の話もされております。更に「無線空摺」「水絵」「ベロ藍」「天地眼」といったものの説明もあったりして興味深かったです。浮世絵の制作過程を知りたくなるような内容でした。
 そうこう思って調べているとこの美術館では土曜講座というものをやっているらしく、3月3日に「浮世絵版画の摺り実演」というものをやるようです。これ、ものすごく興味あります。時間があるようでしたら是非とも観に行ってみたいと思います。
[PR]
by puyan27 | 2007-01-03 18:16 | 美術館・美術展
e0034068_10175929.jpg あけましておめでとうございます。今年初めて訪れた美術展は東京国立近代美術館で開催されている「横山大観 生々流転」です。1月2日に皇居の宮殿にて新年一般参賀が行われます。この日は普段は入ることのできない場所に入ることができるようですので、江戸城への興味という目的で訪れましたが、美術館が場所的に近いのでついでにといった感じです。それと無料入場できる日だったこともありますね。
 さて本題ですが生々流転とは辞書を引いてみると「万物がおい育ち変化するさまは六道を生まれ変わって、はてしないこと」いう意味で仏教的(?)なことのようです。題名がこれなのでこのことを絵で表しているのだろうと考えるのは容易です。また、長さが40mもあるなんてかなりの大作ですが作品の説明を読み、作品に触れてみると納得でした。自然の流れを示しているんですね。山々の小川はやがて合わさり大河になり、海へとたどりつく。最後は龍が昇天していくのですが生々流転とあるようにまた頭に戻り、永遠に繰り返すのだと思います(詳細な説明が展示室にあります)。かなり奥が深い題材ではありますが、この説明を頭に入れて作品を観ると場面が流れるように展開していき、非常に面白いです。朦朧体(もうろうたい)などの様々な画法もかなり取り込まれているとのことですがそういった技術的な話は勉強不足でいまいち解るような解らないような。そういうレベルまで日本画を理解されている方には目から鱗がおちるようなものなのかもしれません。
 この美術展は重要文化財である生々流転がもちろんメインですが他にも4点ほど大観の作品が展示されております。「満ち来る朝潮」や「南溟の夜」は昨年訪れた北茨城の五浦海岸を彷彿とさせました。実際にはどこの海を描いたものなんでしょうね。2月6日以降は3作品が入れ替わるようですのでこちらもぜひとも観てみたいところです。
[PR]
by puyan27 | 2007-01-02 19:12 | 美術館・美術展

松本市美術館

 またしても長野県松本市関連ですが美術的興味で松本市美術館を訪れてきましたので簡単にご紹介致します。この美術館では草間彌生さんの作品が常設展示されております。というのも彼女が長野県松本市出身であるからでしょう。

e0034068_1115456.jpg美術館外観

e0034068_112552.jpg入口付近にある作品

この作品は草間彌生さんの「幻の華」という作品らしいのですが作品名を書いているプレートみたいなのがなくて・・・。

 彼女の水玉模様の使い方って非常に個性的ですね。「A PUMPKIN かぼちゃ」をはじめとしてとても興味深いものでした。ただ、抽象画っぽい作品の方はちょっと難しくてよくわからなかったのですが彼女の背景やちょっとした説明なんかを聞くと理解できるのかも知れません。
 企画展で「近代日本洋画の志深く」が開催されておりましたが、さすがにこれをじっくり観る気力はなかったので今回はパスしました。松本市に来たら美術に興味のある方はぜひ訪れてみたい場所ですね。
[PR]
by puyan27 | 2006-12-23 22:09 | 美術館・美術展
 本年ももうちょっとですので来年の美術展(企画展)についてちょっと整理してみました。あくまで現時点でわかっているのもので自己メモという意味でなのですが。。。
 来年は六本木に「国立新美術館」「サントリー美術館」がオープンもするので非常に楽しみです。また、ここに載せたものは企画展がほとんどですが、平常展のチェックも要ですね。それから地方の個人美術館等も入れたりするとてんこ盛りです(^○^)。うれしい限りですね~。


東京国立近代美術館
都路華香展
 会期:2007年1月19日(金)~3月4日(日)
 会場:東京国立近代美術館 企画展ギャラリー(1階)

柳宗理 -生活のなかのデザイン-
 会期:2007年1月19日(金)~3月4日(日)
 会場:東京国立近代美術館 ギャラリー4(2階)

特別公開 横山大観《生々流転》
 会期:2007年1月2日(火)~3月4日(日)
 会場:東京国立近代美術館 特設ギャラリー(1階)

森美術館
日本美術が笑う 縄文から20世紀初頭まで  若冲、白隠、円空、劉生―
 会期:2007年1月27日(土)~5月6日(日)
 会場:森美術館 53階 ギャラリー1、3

ル・コルビュジェ展 その人と創造の軌跡(仮称)
 会期:2007年5月26日(土)~9月24日(月)
 会場:森美術館 53階 ギャラリー1、3~6

国立新美術館
国立新美術館開館記念展「20世紀美術探検―アーティストたちの三つの冒険物語―」
 会期:2007年1月21日(日)~3月19日(月)
 会場:国立新美術館 企画展示室1E、展示室1A、1B、1C、1D(6,000m2)

「異邦人(エトランジェ)たちのパリ 1900-2005 ポンピドー・センター所蔵作品展」
 会期:2007年2月7日(水)~5月7日(月)
 会場:国立新美術館 企画展示室2E(2,000m2)
 ※文化庁メディア芸術祭10周年企画展

「日本の表現力 ― アートとエンターテインメントの融合と進化」
 会期:2007年1月21日(日)~2月4日(日)
 会場:国立新美術館 展示室2A、2B(2,000m2)

L'art de MONET
 会期:2007年4月7日(土)~7月2日(月)
 会場:国立新美術館

世田谷美術館
生誕120年 富本憲吉展 近代陶芸の巨匠・富本憲吉の全貌に迫る大回顧展
 会期:2007年1月4日(木)~3月11日(日)
 会場:世田谷美術館 1階展示室

世田谷時代1946-1954の岡本太郎 戦後復興期の再出発と同時代人たちとの交流
 会期:2007年3月24日(土)~5月27日(日)
 会場:世田谷美術館 1階展示室

ポーラ美術館
開館5周年記念 2大企画展
「花の絵画」Flowers of Pola Museum of Art
「エミール・ガレ」Emile Galle and Glass works of the Art Nouveau
 会期:2007年3月24日(土)~9月17日(月)
 会場:ポーラ美術館 企画展示室

箱根ラリック美術館
第4回企画展 灯るあかり -ラリック、明治・大正の照明-
 会期:2006年12月23日(土)~2007年5月20日(日)
 会場:箱根ラリック美術館 企画展示室

東京国立博物館
特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」
 会期:2007年3月20日(火)~6月17日(日)
 会場:本館特別5室・平成館特別展示室第3・4室

東京都美術館
オルセー美術館展 ― 19世紀 芸術家たちの楽園
 会期:2007年1月27日(火)~4月8日(日)
 会場:東京都美術館 企画展示室

サンクトペテルブルク 国立ロシア美術館展 ロシア絵画の真髄
 会期:2007年4月28日(土)~7月8日(日)
 会場:東京都美術館 企画展示室

太田記念美術館
ギメ東洋美術館所蔵 浮世絵名品展
 会期:2007年1月3日(水)~2月25日(日)
    前期 2007年1月3日(水)~1月26日(金)
    後期 2007年2月1日(木)~2月25日(日)
 会場:太田記念美術館

三井記念美術館 
新春の寿ぎ―国宝雪松図、卯花墻を中心に―
 会期:2007年1月4日(木)~1月31日(水)
 会場:三井記念美術館 三井本館7階

Bunkamuraザ・ミュージアム 
プリンセスの輝き ティアラ展 ~華麗なるジュエリーの世界~
 会期:2007年1月20日(土)~3月18日(日)
 会場:Bunkamuraザ・ミュージアム

モディリアーニと妻ジャンヌの物語展 モンパルナスに咲いた愛と悲劇
 会期:2007年4月7日(土)~6月3日(日)
 会場:Bunkamuraザ・ミュージアム

プラハ国立美術館所蔵 ルーベンスとブリューゲルの時代
 会期:2007年6月9日(土)~7月22日(日)
 会場:Bunkamuraザ・ミュージアム

ルドン版画展(仮称)
 会期:2007年7月28日(土)~ 8月26日(日)
 会場:Bunkamuraザ・ミュージアム

ブリヂストン美術館
じっと見る 印象派から現代まで
 会期:2007年 1月 2日(火)-2007年 4月 8日(日)
 会場:ブリヂストン美術館

サントリー美術館
開館記念展Ⅰ「日本を祝う」
 会期:2007年3月30日(金)~6月3日(日)
 会場:サントリー美術館(東京ミッドタウン ガーデンサイド)

開館記念展II 「水と生きる」
 会期:2007年6月16日(土)~8月19日(日)
 会場:サントリー美術館(東京ミッドタウン ガーデンサイド)

開館記念特別展「BIOMBO/屏風 日本の美」展(仮称)
 会期:2007年9月1日(土)~10月21日(日)
 会場:サントリー美術館(東京ミッドタウン ガーデンサイド)

埼玉県立近代美術館
巴里憧憬-エコール・ド・パリと日本の画家たち
 会期:2007年1月6日(土)~2月12日(月)
 会場:企画展示室(2階)

江戸東京博物館
北斎展-風景画の世界
 会期:2007年1月2日(火)~2月12日(月)
 会場:5階第2企画展示室

特別展 江戸城
 会期:2007年1月2日(火)~3月4日(日)
 会場:江戸東京博物館 1階 企画展示室

ロシア皇帝の至宝展~クレムリンの奇跡~
 会期:2007年3月20日(火)~6月17日(日)
 会場:江戸東京博物館 1階 企画展示室



ざっとこんな感じですが、実際にはまだまだ興味あるものが出てくるでしょう。他にも美術館はたくさんありますので。。。情報収集はかかせませんね。
[PR]
by puyan27 | 2006-12-22 00:15 | 美術館・美術展
e0034068_0284221.jpg 先週、NHK衛星ハイビジョンにて新日曜美術館を見たところ千住博氏(注:右上の点はないのが正しいそうです。)の特集「千住博 渾(こん)身の滝」をやっておりました。私は初めてお名前を知ったのですが(いや、実はどこかで作品を観ているかも)かなり世界的に知名度のある方のようです。アメリカ・フィラデルフィア市に本格的な和風建築「松風荘」が保存されており、ここの襖絵は東山魁夷画伯により描かれたものだったのですが管理上の不備により損傷してしまったため、千住氏が無償でこの襖絵の制作を引き受けたとのことです。この襖絵の制作現場の詳細な様子を特集してくれていたのが主な番組内容なのですがこれが非常に面白かったです。
 松風荘の襖絵は千住氏の作品の代表作である「ウォーターフォール」シリーズで制作することになったのですが(どのようにあの見事な滝を描いたのかが肝ではありますが詳細はぜひ番組を観てもらいたいところですね。)どうしても本物を観たくなり、現在、山種美術館にてこの襖絵を公開中ですので早速観に行ってきました。
 滝というのは日本人的な感覚ですと那智の滝のように神社のご神体なっているところもあり、神秘性があるため、千住氏も惹かれるものがあったのでしょう。わざとニューヨークを拠点とすることが自分が日本人であるんだということを認識させてくると言われていましたが、作品も非常に日本人らしい題材でとても誇らしく思えました。滝の水の流れや滝つぼ付近の水しぶきの感じなど非常にすばらしいですね。「ウォーターフォール」シリーズは日本だと「大徳寺聚光院伊東別院」にも襖絵としてあるようですのでぜひ観に行ってみたいのですが公開してるのでしょうか?HPでは情報がないためわかりませんね。一般公開するための建物ではないようですので期待薄のような気はしますが・・・。さすがにアメリカまで行くのは容易ではありませんからねえ(T.T)。実際の本格的な和風建築に襖絵として組み込まれた形で観てみると更に違った印象を受けることでしょう。機会があればぜひとも観てみたいものですね。
[PR]
by puyan27 | 2006-12-16 14:47 | 美術館・美術展
e0034068_0455121.jpg 古代エジプト関連の美術展を観に行くのは2回目。1回目は昨年の7月に大丸ミュージアムで開催されてた古代エジプト展を観に行きました。その時の美術展はドイツ・ヒルデスハイム博物館からの特別出展でしたが、今、国立科学博物館で開催されているミイラと古代エジプト展大英博物館からの出展ということと、展示会場も規模が大きいということもあり、更にすごいのではないのかと期待が募りましたため、早速上野へ。
 まずは、3Dシアターから始まりました。各展示物についてはこれを見てから巡回するような形態になっておりました。専用の3Dメガネを渡されますのでこれをかけて見るのですがなかなか見応えがありました。昔この手のものは見たような気がしますがこんなに迫力あったかなと思うくらいよくできてました。ミイラ・ネスペルエンネブウに対するCTスキャンの解析結果が刻々と伝わってきましたよ。もちろんここで解説したミイラの本物はのちほどの展示物に登場します。
 像や装飾品など数々の展示物がありましたが、やっぱり「ネスペルエンネブウの木棺」「カルナトージュ棺に納められたネスペルエンネブウのミイラ」が一番見応えありましたね。ミイラについては棺が空いてないので直接見ることはできませんが3Dシアターでも見たとおり、CTスキャンにて全貌は明らかになっております。昔はミイラの包帯をほどいたりしていたため、かなりの数のミイラが無駄になったらしいです。CTスキャンですとそのようなことはする必要はありませんものね。技術の発展ってすばらしいなあ。
 あとは同じみのウジャトアンクも様々な展示品に登場してきますがエジプト文明ならではのもので非常に興味深いです。そうそうロゼッタストーンも展示してありました。これはエジプト文字の解読に大きな貢献をした一品ですのでさすがに本物が日本にくることはないでしょう。複製品と書かれた文字を見た時にはちょっとがっくりでしたが当然なのかなと。
 何はともあれ、エジプト文明の奥深さに感心させられるひとときでした(^○^)。
[PR]
by puyan27 | 2006-12-10 20:41 | 美術館・美術展