ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

カテゴリ:美術館・美術展( 90 )

e0034068_2224956.jpg 雨が降りそうでどんよりした天気にも負けず、好奇心にかられて、目黒区美術館で開催されている「チャールズ&レイ・イームズ -創造の遺産-」へ行ってきました。
 インテリアデザインに興味を持っている方ならおしゃれな家具を扱っているお店に行くとよく置いてあったりするのでイームズ夫妻の名前くらいは聞いたことがあるでしょう。私も原宿のhhstyle.comなどに行って秀逸なデザイン家具をよく眺めたりしてます。(もろにこの展示会の協賛に入ってますね・・・)
 この展示会はイームズ夫妻がグラフィック、展覧会構想、展示デザイン、遊具制作、教育、短編映画制作など幅広く活動を行っていたことも理解ができます。私の中ではインテリア・家具のデザイナーなんだなっていう程度しか知識はなかったので更に深いところまで知ることができました。
 この展示会を観ていて興味深かったのはやっぱりイームズ夫妻のデザインに対する好奇心というかいろいろなものを知りたいという情熱がすごく感じられたことです。
 「イームズオフィスの収集したスライドコレクション」は35万個の中でピックアップされたものが展示してありました。いろいろな国のいろいろな物をデザインと捉えて写しているんですよね。中にはもちろん日本の写真もあり、「浴衣」、「灯籠」、「畳」、「日本料理」、「羽子板」などが写されてました。異国の人から見れば斬新なデザインなのかもしれません。
 「チャールズ・イームズオフィスに飾られていた小物」では赤べこがあったり「イームズ夫妻収集品」ではカチーナの人形がありました。
 「イームズの私物が入ったイームズオフィスの引き出し」という展示品ではこれまた日本の「てぬぐい」「どこかの蕎麦処の名刺」「絵馬」「橘右近と書かれた寄席文字」なんかが入ってました。これらももちろんデザインとして興味があったのかもしれません。
 なんかずらずらと日本のものばかり書いてしまいましたが、日本に興味を持たれていたんだなあってことが伝わってきたのでうれしくなっちゃったんですよね。
 そうそう、「イームズ夫妻に送られてきたクリスマスカード」っていう展示品があったのですがその中に「丹下健三」ってお名前がありました。なんか聞いたことあるようなないような。家かえってネットで調べてみるとかなり有名な建築家のようです。(大変失礼しました。(m_m))イームズ夫妻とは交流があったのでしょう。
 「イームズハウスの模型」が飾られていました。アメリカ西海岸に1949年に建てられたそうですが一度実物を見に行ってみたいと思いました。
 「POWERS OF TEN」という短編映画は10秒毎に10メートルの速度で人の細胞から宇宙まで旅をします。なかなか面白い作品でした。ぜひはじめから最後までみることをお薦めします。
 そしてなんと言ってもやっぱ実際にイームズ作品の椅子に座れるのはいいですよね。ラシェーズって名前の椅子があったんですが座り心地がよかったなあ。どれも本当にデザイン・機能が共に優れた作品でした。
e0034068_23333651.jpg

[PR]
by puyan27 | 2005-10-16 23:37 | 美術館・美術展

朝倉彫塑館

 本日は朝倉彫塑館を訪れました。JR日暮里駅北口改札西出口より徒歩3分の場所にあります。
 「彫塑(ちょうそ)」という言葉ってどいう意味だかおわかりになりますか?普段はあまり使わないのでピンとこなかったのですが辞書で調べてみると「①彫刻と塑像」「②彫刻の原型である塑像をつくること」と書いてありました。塑像とは粘土や石膏などでつくった像のことのようですのでこのような美術のジャンルなのでしょう。辞書で調べないとわからないところが情けない(T.T)。
 私がここを訪れたいと思った動機はこの建物の中にある「五典の水庭」と呼ばれる自然の湧き水を利用した立派な日本庭園があると聞いたからです。(本来の作品の鑑賞が目的でなくてごめんなさい(m_m)。)
五典の水庭
朝倉彫塑館の中央には、自然の湧き水をを利用した日本庭園があります。この中庭は、朝倉が自己反省の場として設計したもので、「五典の水庭」と呼ばれています。儒教の五常を造形化した仁、義、礼、智、信の五つの巨石が配されており、また四季折々白い花をつける木が植えられています。

     仁も過れば弱(じゃく)となる
     義も過れば頑(かたくな)となる
     礼も過れば諂(へつらい)となる
     智も過れば詐(いつわり)となる
     信も過れば損(そん)となる

朝倉彫塑館パンフレットより引用

e0034068_011175.jpg駅より徒歩3分で到着。なんかわくわくしますね。
e0034068_0172541.jpg入口のところにおいてある塑像その1。

e0034068_0198100.jpg入口のところにおいてある塑像その2。こういったジャンルの作品なんだなと理解できました。中に入ると作品は一切撮影禁止ですのであしからず。
e0034068_0292959.jpgアトリエ→書斎→応接室と回った後に玄関に出ることができます。石畳が美しくて素敵です。

e0034068_0394064.jpg応接室前の渡り廊下より撮影した五典の水庭。この庭に自然の体系を凝縮した感じです。美しさにうっとり。池の水もかなり綺麗。湧き水とのことですので常に循環しているからなのでしょうね。写真じゃなかなか伝わらないんですよね~。この感動が。
e0034068_049438.jpg居間より撮影した五典の水庭。鯉が泳いでいます。写真の飛び石の道のようなところは歩けないので残念。でも居間と茶室、寝室の畳に座ってゆっくり鑑賞できますよ!!

e0034068_0585859.jpg寝室より撮影した五典の水庭。朝起きて窓を開けたらこの景色ってすごいかも。目の前にある丸っこい巨石が「仁」らしいです。すごいインパクトある石です。自然にこんな風になったのかな??。
e0034068_164153.jpg2Fの紫心の間より撮影した五典の水庭。先ほどまでとはまた違った感じですね。ここでも畳に座ってゆっくり鑑賞可能ですよ!!

e0034068_1162883.jpgさらに上に昇って3Fの朝陽の間付近より撮影した五典の水庭。撮影はできませんでしたがここにある円卓のでかさにはちょっとびっくり。宴会とかにぎやかにできて楽しそうですね。
e0034068_121498.jpg屋上の様子。ここまであるとは。恐れ入りました。

 数寄屋づくりの日本家屋の良さが存分に伝わってくる場所です。ぜひぜひ行ってみてください。
[PR]
by puyan27 | 2005-10-15 23:12 | 美術館・美術展

川崎市岡本太郎美術館

 今日もお天気は曇り空でよくありませんでしたが、意外にも自宅付近に自転車で行ける距離にある美術館があることを忘れていました。まさに灯台下暗し。生田緑地内にある川崎市岡本太郎美術館です。小田急線向ヶ丘遊園駅から徒歩15分ぐらいの場所にあります。

e0034068_22414729.jpg生田緑地内を歩いていくと一番奥あたりに美術館が見えてきます。
e0034068_2361544.jpg階段を上ると早速作品がお目見え。作品名は「女」と書いてありました。

e0034068_237988.jpg美術館の入口です。さあ、岡本太郎ワールドへ!!
e0034068_2395736.jpg自動ドアが開くとまたまた作品が出迎えてくれます。作品名は「邂逅(かいこう)」。難しい名前です。辞書がないとわからん。。。英名でChance Meetingと書かれていたのでなんとなく理解はできました。そして奥が受付になります。

e0034068_23205054.jpg一通り廻るとここで記念撮影ができるようになっています。それにしても面白い椅子ですよね。人が座りたくない椅子を作ろうと意図して作られたんだとか。まさに逆転の発想です。
e0034068_23331884.jpg最後に飾られている作品で作品名は「天に舞う」でした。2人の人間が舞っている姿と背景の色彩がとても印象的です。

e0034068_23381496.jpg外へ出るとど~んとたっている作品です。作品名を見るの忘れてしまいました。。。これも木の根っ子みたいなのがなんともいえない迫力ある作品でした。
 正直、今まで岡本太郎さんの作品や人柄、生い立ち等に対して全く知識がありませんでしたので、ぱっと見彼の作品を観てもあまり作品のよさが理解できなく、単に変わった作品だなと思う程度でしたが、説明をしてくださる学芸員(?)さんの説明を聞きながらまわると作品の意図などをわかりやすく説明してくださるのでなんとなく理解できました。かなり作品に対する見方が変わりましたね。表現力の豊かなすばらしいアーティストだと感じました。ちょっと好きになったかも。そしてやっぱりパリへ留学したり、もともとは絵画が専門なのでしょうが、陶芸や彫刻などいろいろなものにチャレンジされているのを見て本当に絶え間ない努力がすばらしいなあと思いました。やっぱり一流と言われる人は違うんだなあと。自分も目標に向けてがんばらなければと改めて思いましたね。
 ちょうど今の時期はイベントで「北大路魯山人と岡本家の人々」が開催されております。魯山人さんと岡本家は3代にわたって交流があったそうで、お互いに影響を与えあったそうです。その様子が作品をとおしてわかるようになっています。岡本太郎さんが作った陶器や書などまた楽しめました。そして魯山人さんの作品の数々がこれまたすばらしい。。。和の心に戻る瞬間でした。
[PR]
by puyan27 | 2005-10-10 00:17 | 美術館・美術展

香山園庭園美術館

 今日は天気もあまりよくなく、雨は降りませんでしたが曇り空でした。とはいえ、やっぱり出かけずにはいられません。そこで小田急線の鶴川駅をスポットにあてて、散歩に行ってきました。
 まずは香山園庭園美術館です。鶴川駅から徒歩5分くらいのところにあります。

e0034068_231076.jpg香山庭園美術館の入口です。
e0034068_253138.jpg園内の池泉回遊式庭園「直ヶ谷之郷」より瑞香殿を望んだものです。実際にはまず瑞香殿にて受付後、美術品を拝観してからこちらの日本庭園を拝観する順序になってます。

e0034068_2104246.jpgこういう石ってたしか飛び石っていうんでしたか。思わず辿って歩いてしまいます。庭園内にはあちこちにあります。
e0034068_217791.jpg別の角度からの庭園の様子、その1。

e0034068_2193924.jpgお屋敷にあった鬼瓦?の写真。そんなに古そうな感じはしなかったです。表情がなかなか素敵です。
e0034068_224135.jpg別の角度からの庭園の様子、その2。

e0034068_2264186.jpg別の角度からの庭園の様子、その3。

 実はこの日は他に拝観者は誰もいなくてひとりで独占状態でした。駅から近いので若干騒音があったりして閑静とはいえませんが許容範囲だと思います。今日は時期的に紅葉前だし、花とかも咲いてなかったのですがまた季節で表情を変えた様子を見に訪れたいなあ。とても癒される時間でした。庭園を眺めながらぼーっとするのも悪くないですね。ちなみにかなりあまり知られていないのかと思いきや「NHK大河ドラマ八代将軍吉宗」の撮影にも使われた場所なのだとか。
[PR]
by puyan27 | 2005-10-08 22:38 | 美術館・美術展
 今日は本当にいい天気でした。秋なのに気温も29度くらいで暑かったです。こんな日にはやっぱりお出かけしないともったいないです。というわけで東京都庭園美術館へ行ってきました。 
東京都庭園美術館は朝香宮[あさかのみや]邸(朝香宮殿下は久邇宮[くにのみや]久邇宮家第8王子、妃殿下は明治天皇第8皇女)として1933年(昭和8年) に建てられた建物を、そのまま美術館として公開したものです。戦後の一時期、外務大臣・首相公邸、国の迎賓館などとして使われてきましたが、建設から半世紀後の1983年(昭和58年)10月 1日、美術館として新しく生まれかわりました。
 この建物は1920年代から1930年代にかけてヨーロッパの装飾美術を席巻したアール・デコ様式を 現在に伝えるものです。フランス人デザイナーが、主要部分を設計、内部装飾もフランスをはじめとする 外国から輸入されたものが多用されています。また基本設計と内装の一部は宮内省内匠寮[たくみりょう]の建築家が担当 し、アール・デコ様式に日本独特の感性を付け加えています。 当館は従来の美術館とは異なり、建物自体が美術品といえます。そして、作品とその観賞空間との間に 交感が生まれるような、新しい美術鑑賞の在り方を提案しています。美術館は広大な緑溢れる庭園に囲まれ、自然と建物と美術作品があわせて楽しめる環境に恵まれ、そこに庭園美術館の名も由来しています。
公式HPより引用

e0034068_3281626.jpg正門入口の様子です。
e0034068_3311388.jpg正門からちょこっと歩くと美術館が見えてきます。青い空に白い建物って絵になりますね。

e0034068_336294.jpg庭園のほうから見た美術館の様子です。ちょっと角度が悪かったかな。

e0034068_3383441.jpg日本庭園にある茶屋の様子です。今日は津田塾大学の華道部?茶道部?の方々が貸し切りで使用されてましたね。

e0034068_3433331.jpg日本庭園の別の風景です。やっぱり古都の庭園にはかなわないかな。(そもそも比べてはいけないのかもしれませんが)

 本当は美術館の中がすばらしいので写真で紹介したかったところですが当然撮影禁止ですので公式HPを参考にしてみてくださいね。床が白と黒で市松模様みたいになっている部屋や入口の硝子装飾など結構建物をよくよくみると装飾が凝っていて美しいです。
 本日は美術館では「庭園植物記展」が開催されておりました。昔は植物をスケッチで描き図鑑を作成していたりしていたようなのですが、当時の図鑑や写真等が公開されておりました。こんなに緻密な絵を書けるなんてすごいなあと思いました。観察力がすばらしいですね。ぜひ興味がある方はお出かけしてみてください。
[PR]
by puyan27 | 2005-10-02 20:04 | 美術館・美術展
 今日は仕事がオフになりました(^O^)。というわけでレオナルド・ダ・ビンチ展を観に行ってきました。場所は森アーツセンターギャラリーです。
 レオナルド・ダ・ビンチという人はいろいろな才能を持っている方だったようですが自分の中では画家としてのイメージが強いですね。「最後の晩餐」「モナ・リザ」といった有名な作品は誰でも写真等で観たことはあるのではないでしょうか。この展示会はそういった絵がメインなのではなくて「レスター手稿」についての内容説明及び現物の展示がメインとなっています。

レスター手稿とは・・・

レオナルド・ダ・ヴィンチ晩年の手稿で、彼が生涯をかけて取り組んださまざまな科学的考察の集大成としてまとめられた極めて貴重な研究ノートです。 500年前の最先端メディアである「紙」に、 月の満ち欠けや天体の運動などの天文学、渦や波紋などの水の性質とその利用に関する水力学、そして地殻変動や地球の構造についての地球物理学などの考察が、鏡面文字で書き込まれています。
英国貴族レスター卿、米国石油王アーマンド・ハマーと富豪の手を渡り歩いた直筆ノート「レスター手稿」、現在はマイクロソフト社会長ビル・ゲイツ夫妻が所蔵しているダ・ヴィンチ唯一の個人コレクションです。

(公式HPより引用)

 レスター手稿は現在マイクロソフトのビルゲイツ夫妻が所有者であるらしく、そうお目にはかかれないものらしいので一見の価値ありだとは思いますが、書かれた内容については天文学、物理学といったようなちょっと難しい内容ですので理解できない部分も多いかもしれません。また興味があるかどうか好みが別れるところでもありますね。こればかりは仕方ないかも。
 最近ではどこの美術館に行っても有料で音声ガイドを借りることができますが結構お薦めです。私も借りたことは一回もないのですが結構わかりやすいなと思いました。観るのにせっかちでない方であればかなりわかりやすいと思います。というかこのガイドがないとこの展示物の意味はわからんだろっていうものもあったのも事実なんですが・・・。
 レオナルド・ダ・ビンチって本当に頭がよかったんですね。500年(?)も前にこんなにも先進的な考え方を持つ人がいたなんて想像しがたいかもしれません。当時の人は恐らく彼の考え方に対して理解はできなかった人が大抵だったのではないでしょうか。天才って言葉は彼のような人のためにあるようなものですね。既存に縛られず、常に革新的な発想ができることは見習いたいですね。お時間に余裕がある方はぜひ行ってみてください。
[PR]
by puyan27 | 2005-09-20 20:32 | 美術館・美術展
 今日はイサム・ノグチ展に行ってきました。場所は東京都現代美術館。大江戸線清澄白河駅のA3出口より出てから徒歩13分くらいのところにあります。単純に最寄り駅だけ調べて行ったのでわかりませんでしたが清澄って駅名にあるとおり清澄庭園のすぐ近くなんですね。こちらは次回の楽しみにとっておきたいと思います。
 イサム・ノグチの名前はなぜか知ってました。どこで知ったのかは定かではないのですがインテリアのデザインは興味があるほうなのでその関係で知ったのだと思います。彼の作品といえばやっぱりやわらかい光を放つ和紙のランプ(AKARIシリーズ)です。過去に何度か店頭で見かけ、かなり購買欲をそそられたことがあります。そんな彼の展示会が行われるということで早速行ってきました。

e0034068_9535172.jpg東京都現代美術館のエントランスです。

e0034068_9555314.jpg作品名:オクテトラ
制作年:1968年作、1992年製造
材質  :コンクリート
所蔵者:札幌市

e0034068_10154020.jpg作品名:プレイ・スカルプチャー
制作年:1966-76年作、1922年製造
材質  :鋼管
所蔵者:札幌市

共に遊具なんですがすばらしいデザインですよね。子供にはどういうふうに写るんだろうなあ。何も考えてないかな・・・。

 最近のニュースで気になったのがやはり「モエレ沼公園」です。今年7月に札幌市にグランド・オープンしたそうです。没後17年の歳月を経て完成したというのだからびっくりというか彼の影響ってすごいんだなと思いました。北海道に行く機会があったら是非寄ってみたい場所です。いやあ、デザイン(創造力)ってすばらしいな~。
[PR]
by puyan27 | 2005-09-17 15:20 | 美術館・美術展

根津美術館

 東京都港区南青山にある根津美術館に行ってきました。千代田線表参道駅のA5出口からだいたい徒歩10分くらいです。このあたりは高級ブランドSHOPなどが立ち並ぶようなおしゃれなエリアですが、こんな場所によく自然が残っていたなあというのが最初の印象です。都会に住む人間にとっては身近で気軽に行ける貴重な自然スポット(庭園のことです。)ではないでしょうか。

e0034068_2053427.jpg根津美術館の入り口です。

e0034068_20525767.jpg入り口から50メートルくらい歩いたところからみた根津美術館の建物です。ここで展示された美術品を鑑賞できます。

 ちょうど私が訪れた時には特別展「明代絵画と雪舟」をやっておりました。雪舟っていう名前は聞いたことがあります。たしか京都の東福寺を訪れた時のことですが、近くにいくつか小さなお寺が集まっており、その中の「芬陀院」の庭園が雪舟等楊作でした。たぶんここを訪れた時に名前を覚えていたのだと思います。
 作品は国宝、重要文化財、重要美術品など幅広く展示されていてそれなりに見応えはとありました。ひとつ思ったのはやっぱり私って素人なので直感的に感じたことくらいしかわからないのですが美術品を見る上でのポイントって絶対あるはずなのでそういったところは勉強して事前に知識を持った上でまた作品を見ると印象が違うのだろうなと思いました。
 美術品の鑑賞終わった後には庭園が待っています。夏らしく蝉の鳴き声がすごいですね。意外に広くて散歩するのが楽しいです。そして懐かしさが感じられる庭園です。

e0034068_2150598.jpge0034068_2152051.jpg
e0034068_21524442.jpge0034068_21534361.jpg
写真はほんの一部だけなのですが、実際は広いのでもっと見所はたくさんあります。興味がある方はぜひおでかけしてみてください。
[PR]
by puyan27 | 2005-08-13 19:39 | 美術館・美術展


東京駅に行く機会があり、駅構内を歩いているとたまたま目に入った広告ポスターがありました。それが古代エジプト展でした。場所は大丸ミュージアム。エジプトというとやはり自分の中ではピラミッドやスフインクス、ツタンカーメン、ミイラ、吉村作治(早稲田大学教授)といったキーワードが連想されます。また映画などでも古代エジプトが関係したものが数多くあります。古代エジプトの魅力に魅せられてしまった人、そこまでいかなくても興味を持っている人はかなり多いのではないでしょうか。実際にエジプトに行って本物のピラミッドを観てみたいとは何度か思ったことはありますが、なかなかそうもいかないのが現実。そんな人たちにとってこのような催しは大変貴重です。110余点の展示がされており、棺のように大きなものから指輪などのような小さなものまでバラエティにとんでなかなか見ごたえがあったと思います。特に石に刻まれたヒエログリフの文字は映像や絵でしか見たことがない自分にとってはとても印象的でした。ぜひ古代エジプトに興味がある方にはお勧めしたい展示会です。
[PR]
by puyan27 | 2005-07-30 22:36 | 美術館・美術展



最近インディアンに興味があり、とあるインディアンジュエリーショップへ行ってみたのですが、ショーケースに飾ってあったいくつかの木製の人形に目が行きました。見た目は愛嬌のある感じなのですが、お店の人にお話を聞いてみるとこの人形はカチーナ(人形)というそうです。かなり独特の姿をしているので飾りでインディアンが作っているのかと最初は思ってました。ところが調べてみると彼らの信じる神々の姿、この宇宙を吹き渡る生命の息吹の源を表しているのだそうです。ネットで調べているとたまたま「アンテスとカチーナ人形展」が神奈川県立近代美術館葉山でやっているとのことで早速観に行ってきました。80体あまりのカチーナ人形がショーケースに飾られており、かなり見応えがありました。こういう考え方を持つ人々が存在し、文化、民族により考え方が多様であることが実感できました。ぜひアリゾナ州、ニューメキシコ州へ行く機会を作り、彼らと触れ合ってみたいものです。興味がある方はぜひ観に行ってみてはいかがでしょうか。
[PR]
by puyan27 | 2005-07-24 20:25 | 美術館・美術展