ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

<   2005年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 昨日の日経新聞を読んでいて知りました。私は行ったことないのですが「コールド・ストーン・クリーマリー」というアイスクリーム屋さんに行ったことがありますか?アメリカでは1000店舗もあるかなりメジャーなお店らしいです。
コールド・ストーンとは文字通り「冷やした石」。クリーマリーは「ミルク工房」という意味で、フレッシュなおいしさを生み出す場所です。今までのアイスクリームショップとは全く違うお店。ベースになるアイスクリームとナッツやフルーツなどのミックスインを混ぜ合わせてつくる、新しいタイプのデザートショップです。
公式HPより引用
 17種類のアイスクリームと40種類のミックスインから好きなものを選び、組み合わせます。選んだ素材は、コールドストーン(-9℃に冷やした石板)の上でクルーがミックスしてくれるということなのですがいつだったか忘れたのですがTVで見たことありますね。確かフジテレビの「目覚ましテレビ」だったような気がします。その時は変わったお店だな~と思ってました。このたび2005年11月3日に六本木ヒルズに日本第一号店がOPENするようです。ぜひとも一度味わってみたい!!

公式HPのURL:http://www.coldstonecreamery.co.jp/
[PR]
by puyan27 | 2005-09-29 23:45 | 映画(非公開)
 ある方のブログを読んでいたときに目に入ったのがJEAN-PAUL HEVIN(ジャン=ポール・エヴァン)というチョコレートショップの名前でした。東京では伊勢丹新宿店B1Fにお店を構えております。1粒何百円もするような高級チョコレートってどんな味がするんだろう?とかなり気になってました。
JEAN-PAUL HEVIN(ジャン=ポール・エヴァン)はフランス最高のショコラティエ。チョコレート業者国際賞をはじめ、数々のコンクールで優勝。世界トップクラスの菓子職人が集う”ルレ・デセール”や”チョコレート・菓子アカデミー・フランセーズ”の会員です。JEAN-PAUL HEVIN(ジャン=ポール・エヴァン)の感性、独特のヴィジョン、味へのこだわり、絶え間ない素材の探求、そして確かな技術から生まれてくるのが、エヴァンならではのチョコレート。最高のチョコレートに出逢った感動を味わってください。
お店より頂いたパンフレットより引用
 34種類ほどチョコレートが並んでいるのですが本日は4種類ピックアップして買ってみました。正直初めて買うのでどれを選ぶべきかさっぱりわからないので適当に選んでみました。

★ル・プティ・ブレ(VARIED CHOCOLATES)
 ダークキャラメルの入ったソフトなガナッシュをハーフビターチョコレートでそっと包みました。
★フォラステロス(MILK CHOCOLATES)
 ほんのりヴァニラ風味のガナッシュをミルクチョコレートで包みました。
★スミルヌ(FRUITY GANACHES)
 ラム酒漬けのレーズンを使ったガナッシュをハーブビターチョコレートが引き立てます。
★コスタ リカ(FRUITY GANACHES)
 3種のオレンジを使ったリキュールとハーフビターチョコレートの薫り高い組み合わせ。

 お値段は1200円くらいでした。さすがは高級チョコレート、1粒あたりだいたい300円くらいです。それはさておき肝心の味のほうですが、私ってやっぱり舌が肥えてないです。本当においしいことは間違いないのですが、普通のチョコレートと比べた時、高級チョコレートのほうが間違いなくおいしいというような確信がもてなかったというか・・・。もうちょっと味に対して繊細になりたいなと思います。勉強しなくちゃね。気になる方はぜひ味わってみてください。
[PR]
by puyan27 | 2005-09-28 21:10 | 映画(非公開)
e0034068_542388.jpg◎書籍情報
 定価   : 本体600円+税
 出版   : 二見書房
 サイズ  : 文庫 / 253p
 ISBN   : 4-576-05095-8
 発行年月 : 2005.7.25(初版)

◎感想
 六本木のレオナルド・ダ・ヴィンチ展へ行ったことに触発されて、本屋でたまたま並んでいた本、「ダ・ヴィンチの暗号99の謎」を目にし、読んでみました。内容としてはレオナルド・ダ・ヴィンチという人そのものに対してのことが中心というよりは秘密結社やイエス・キリストにまつわる聖杯などの財宝伝説などの話が主な感じのようです。宗教的なお話もからんでいるのでかなり歴史的でしかも内容は濃いですね。
 秘密結社って何が目的のものなのか?聖杯やキリストの遺骸や聖櫃などは存在したのか?といったことは結論はでないようですが(出たらそれまたえらい騒ぎになるような気がします。出ない方がいいのかも。)だからこそ謎を解明しようとのめりこむ人がいるのだろうと思います。映画などでも使われたりするくらいですし。個人的には興味深い話ではありますね。でも過去のことであり、かつ宗教的な話がからんでくるとちょっと引いてしまうかも知れませんね。ちょっと怖い世界なので。
[PR]
by puyan27 | 2005-09-27 22:57

カスピ海ヨーグルト

 以前、2年半ほど続いていたカスピ海ヨーグルトですが、ある日に菌が絶滅した(というよりはなんかいつもの状態と違っていました。雑菌がわきすぎたのかな?)ためヨーグルト作りを断念してしまいました。そのときの菌は六本木の山嵐というラーメン屋から無料で種を分けてもらいました。最近は有料でも売っているところがあるみたいですが無料でもらえるところがあると思うとちょっと値段高いなって思いますね。でも六本木まで行く交通費等を考えたら結局変わらないのかもしれませんが・・・。
 いつ菌を入手してヨーグルト作りを再開しようかな~と考えてはいましたが、今日、池袋の東武百貨店で開催している「秋の大北海道展」を訪れた際に売っているところをたまたま見つけました。「新アリスファーム」というブルーベリーやハスカップのジャムなんかを扱っているお店のようです。
e0034068_01342.jpg

 値段は630円でした。本来カスピ海ヨーグルトは知り合いからお裾分けしてもらって自分で増やすのが普通です。どうしてもまわりにカスピ海ヨーグルトを作っている知り合いがいない場合は購入するのはやむをえないですね。毎回ヨーグルトを買うのを考えると長い目で見れば安いのものです。
 さて今日から開始!!どれくらい続けられるか楽しみですo(^-^)o ワクワク。前回のように長く続けられるといいなあ。
[PR]
by puyan27 | 2005-09-23 23:39
 酒には興味がある私は今、日比谷公園で開催されている東京オクトーバーフェストに行ってきました。FMラジオを聞いていて知ったのですが、このイベントはドイツのミュンヘンが本場で今回のはそのイベントの東京版といった感じのようです。アクセスは電車だと霞ヶ関駅下車で徒歩10分くらいです。
 正直人混みがうざかったです。何を買うにしても長時間並ぶし。まあこういったイベントにはつきものですがあまりこういったことに我慢できない人にとってはつらいだけかも。それよりはドイツビールを扱っている居酒屋なんかに行ってゆったり席を確保して飲むほうがいいかもしれませんねえ。
 ただ、本場のソーセージやドイツパンなどを持ち帰りで買えるところは居酒屋ではできないことですのでおみやげに買ってみてもいいかもしれませんね。私はhareico(ハライコ)の「カリーブラードヴルスト」っていうソーセージとドイツパンの「ビアシュテンゲル」と「ブレッツェル」というパンを買いました。このパンは吉祥寺の「リンデ」ってお店が製造しているらしいのですがそんなお店の存在すら知らなかった。。。よく行く街のはずなのに。。。塩味のパンですがちょービールに合いますねえ。しかもここのHPのカタログ(PDF)をダウンロードしてみると種類が豊富。店頭に置かれていたのはほんのひとにぎりだったんですねえ。ぜひ機会があったら店舗を訪れて買い物したいなあと思いました。
e0034068_22362624.jpg

 ドイツビールってベルギービールほどは詳しくないのですがちょっといろいろ知ってみたいなと思いました。ジューシーなソーセージをつまみにドイツビールを堪能するのが楽しいですね。
[PR]
by puyan27 | 2005-09-23 22:46 | イベント
 今日は仕事がオフになりました(^O^)。というわけでレオナルド・ダ・ビンチ展を観に行ってきました。場所は森アーツセンターギャラリーです。
 レオナルド・ダ・ビンチという人はいろいろな才能を持っている方だったようですが自分の中では画家としてのイメージが強いですね。「最後の晩餐」「モナ・リザ」といった有名な作品は誰でも写真等で観たことはあるのではないでしょうか。この展示会はそういった絵がメインなのではなくて「レスター手稿」についての内容説明及び現物の展示がメインとなっています。

レスター手稿とは・・・

レオナルド・ダ・ヴィンチ晩年の手稿で、彼が生涯をかけて取り組んださまざまな科学的考察の集大成としてまとめられた極めて貴重な研究ノートです。 500年前の最先端メディアである「紙」に、 月の満ち欠けや天体の運動などの天文学、渦や波紋などの水の性質とその利用に関する水力学、そして地殻変動や地球の構造についての地球物理学などの考察が、鏡面文字で書き込まれています。
英国貴族レスター卿、米国石油王アーマンド・ハマーと富豪の手を渡り歩いた直筆ノート「レスター手稿」、現在はマイクロソフト社会長ビル・ゲイツ夫妻が所蔵しているダ・ヴィンチ唯一の個人コレクションです。

(公式HPより引用)

 レスター手稿は現在マイクロソフトのビルゲイツ夫妻が所有者であるらしく、そうお目にはかかれないものらしいので一見の価値ありだとは思いますが、書かれた内容については天文学、物理学といったようなちょっと難しい内容ですので理解できない部分も多いかもしれません。また興味があるかどうか好みが別れるところでもありますね。こればかりは仕方ないかも。
 最近ではどこの美術館に行っても有料で音声ガイドを借りることができますが結構お薦めです。私も借りたことは一回もないのですが結構わかりやすいなと思いました。観るのにせっかちでない方であればかなりわかりやすいと思います。というかこのガイドがないとこの展示物の意味はわからんだろっていうものもあったのも事実なんですが・・・。
 レオナルド・ダ・ビンチって本当に頭がよかったんですね。500年(?)も前にこんなにも先進的な考え方を持つ人がいたなんて想像しがたいかもしれません。当時の人は恐らく彼の考え方に対して理解はできなかった人が大抵だったのではないでしょうか。天才って言葉は彼のような人のためにあるようなものですね。既存に縛られず、常に革新的な発想ができることは見習いたいですね。お時間に余裕がある方はぜひ行ってみてください。
[PR]
by puyan27 | 2005-09-20 20:32 | 美術館・美術展
 今日はイサム・ノグチ展に行ってきました。場所は東京都現代美術館。大江戸線清澄白河駅のA3出口より出てから徒歩13分くらいのところにあります。単純に最寄り駅だけ調べて行ったのでわかりませんでしたが清澄って駅名にあるとおり清澄庭園のすぐ近くなんですね。こちらは次回の楽しみにとっておきたいと思います。
 イサム・ノグチの名前はなぜか知ってました。どこで知ったのかは定かではないのですがインテリアのデザインは興味があるほうなのでその関係で知ったのだと思います。彼の作品といえばやっぱりやわらかい光を放つ和紙のランプ(AKARIシリーズ)です。過去に何度か店頭で見かけ、かなり購買欲をそそられたことがあります。そんな彼の展示会が行われるということで早速行ってきました。

e0034068_9535172.jpg東京都現代美術館のエントランスです。

e0034068_9555314.jpg作品名:オクテトラ
制作年:1968年作、1992年製造
材質  :コンクリート
所蔵者:札幌市

e0034068_10154020.jpg作品名:プレイ・スカルプチャー
制作年:1966-76年作、1922年製造
材質  :鋼管
所蔵者:札幌市

共に遊具なんですがすばらしいデザインですよね。子供にはどういうふうに写るんだろうなあ。何も考えてないかな・・・。

 最近のニュースで気になったのがやはり「モエレ沼公園」です。今年7月に札幌市にグランド・オープンしたそうです。没後17年の歳月を経て完成したというのだからびっくりというか彼の影響ってすごいんだなと思いました。北海道に行く機会があったら是非寄ってみたい場所です。いやあ、デザイン(創造力)ってすばらしいな~。
[PR]
by puyan27 | 2005-09-17 15:20 | 美術館・美術展

衆議院議員総選挙投票日

 本日14時くらいに選挙投票に行ってきました。場所は某小学校の体育館。今回の選挙は自分の選挙に対する勉強不足(普段からの政治に対する姿勢もあると思いますが)もありどの党に一票というような確信はもてませんでした。
 なんとなく一票ではなくてマニフェストに対してこういった部分に評価して一票っていうようなレベルになるまでにはやっぱりちょっとやそっとじゃなれないですね。でもやっぱりそういった意識を国民一人一人が持つことって大切だと思います。よりよい国造りのために。
 衆議院議員選挙投票の他に最高裁判所裁判官国民審査というものの投票もありました。裁判官の名前が6名書いてあり、やめさせたい裁判官に×をつけてくださいというものでした。これってどう判断していいのかわかりません。×をつけない人が圧倒的な気がします。悪事をおかしてメディアにでてこない限りはほとんどの人は裁判官の名前なんて知らないのではないでしょうか?と思いきや事前に自宅に審査公報が配られていました。各最高裁判所判事のプロフィール等が書かれています。とはいえこれを見てもやっぱり判断なんてできないのが現実かなあ。
[PR]
by puyan27 | 2005-09-11 00:33 | その他

シロクマ(白熊)

 原宿でライブを見終わった後、飲みに行きました。場所は代々木上原駅前。「さつまおごじょ」というお店で名前に「さつま」とあるとおりさ鹿児島県の焼酎や料理がメインのお店です。ここ、本当に雰囲気がいいです。お店全体が和風で、店員さんも着物をきており、古き日本の良さを再認識させてくれるお店です。教えてくれた知人はセンスいいなと思いました。
 ここのメニューで「シロクマ(白熊)」というものがありました。(というよりは知人がお薦めだと教えてくれたので気になったのですが・・・)これは鹿児島県の名物で練乳がかかっているフルーツをいっぱいのせたかき氷のことなのだそうです。となりの席をちらりと見るとフルーツてんこ盛りの山盛りのかき氷がどどーんとあるではありませんか。まじで食えるのか?と思えるくらいの量です。
 まだ秋分の日は来てませんので夏は終わってません。夏の締めにということでオーダーしたところ材料切れで終わりとのこと。(゜◇゜)ガーン。この品は夏季限定なのでこのお店再度来ても来年まで食べることができないってことやんか・・・。残念。
 鹿児島県って行ったことないのですがこんな名物あったんですね。来年の夏こそは絶対に食べるぞ!!。忘れないようにしとかないと。
 
[PR]
by puyan27 | 2005-09-10 23:51

原宿ロサンゼルス

 知人からのお誘いではじめてライブハウスに行ってきました。場所は原宿ロサンゼルス。名前のとおり原宿駅から徒歩10分くらいの場所にあります。正直こういった小規模のライブハウスって出演のメンバーとかも素人で聞きにいっても何とも思わないんだろうなって先入観がありました(ごめんさない。(m_m))が一気に覆ってしまいました。(O_o)WAO!!!
 自分も純粋に音楽は好きだし、楽器をうまく弾けると格好いいなって思っているわけだからそんなことは全く関係ないんですよね。出演者の人たちもお金払ってライブハウス借りて出演しています。それなりのプライドと自信が絶対にあるはず。そんな姿をまざまざと見せつけられた感じでした。はっきり言ってうまい!!格好いい!!
 知人はドラムとして参加してました。バンド名は「THE SUPER SONIC MONKEY'S」。本当に格好よかったです。そして輝いていました。よくよく考えると今売れているミュージシャン達だってこういった下積み時代があったんですよね。下積み時代から知っているファンたちはこのようなライブハウスに見に来て支持し、そしてミュージシャン達は有名になっていったんでしょう。それぐらいのコアなファンっていうのも楽しいだろうなって思いました。この歳になって知ったANOTHER WORLD!!。次回のライブもぜひ来たいですね。o(^-^)o ワクワク。
[PR]
by puyan27 | 2005-09-10 23:00 | ライブ・コンサート