ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

<   2006年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

e0034068_0111992.jpg 今日の東京の天気は雪、気温も低くてかなり寒かったです。都市のようなところだと雪降ってもあまりメリットはないのが実情。お天気は変えることはできないのでまあ仕方ないですが・・・。とはいえ、寒さにめげず、東京大丸ミュージアムで行われているわたせせいぞうの世界展 ~How Romantic~を観てきました。
 この方の作品はちらほらどこかで見ている気がします。記憶は定かではありませんが、雑誌の表紙とかCDのジャケットとかだったと思います。とても個性のあるイラストを描く方なので一目でわかりますね。
 作品については、イラストというジャンルになるのでしょうか?これまた絵画なんかとは一味違ってなかなか素敵ですね。(ん?イラストも絵画の一種?よくわかりませんが・・・。絵を描く手法が異なるだけでなのかな。。。)
 わたせせいぞうさんって実際にとってもロマンチストなんですかね~。作品のひとつひとつを観ていると男と女の恋愛とか出会いとかをテーマにされているんですよね。彼の頭の中に描かれた1シーン1シーンが作品に対してこめられているのだと思いますが、テーマが明確ですね。(というよりはテーマありきで描かれているのかな。)ロケーション、季節感、天候、人物の服装なんかはもちろんですが例えばギターを弾いているシーンの絵では弾いている曲のアーティスト、曲名まで想像しているようですし、彼なりの細かいこだわりがあるようです。すごく想像力が豊かですね。
 新刊「Heart Cocktail eleven」の本物の原画もたくさん展示してありましたが、ストーリーがあって描かれているようなので何を想像して描いたのかの説明を読みながらひとつひとつ観ていくとすごくおもしろく、かつロマンチックな気分にひたれますね。
 自分が一番面白いなと思ったのは週刊モーニングで連載していたという4ページオールカラーコミックの「ハートカクテル」です。1983~1989年とかなり古い作品なんですがこれの原画がいくつか展示されてました。こんな作品あったんですね。まじまじと読んでしまいました。4ページに詰まっているエッセンスがこれまたおしゃれなんです。ぜひ全巻読んでみたいと思ったので本屋へいってみたいと思います。普通の白黒の漫画とは違いオールカラーであるからこそ彼の魅力が発揮されているのだなと思いました。
 川口紀子さんという方の樹脂粘土による花とのコラボレーションも面白い試みだなあと思いました。彼の作品って「花」がよく出てくるのですがその部分を実際の樹脂粘土で作られた造花にしてみたりしています。イラストが本物になるとこんな感じになるんだというのを感じさせてくれました。
 石戸谷準さんという方とのコラボレーションのステンドグラスも夜の街の風景をステンドグラスにするとイラストとは違ったよさが出ていて素敵でした。
 その他にも月刊BRIOにて連載中の「Heart Station」の原画や作品が完成するまでの各工程の状態が展示してあったりして、ひとつの作品を完成させるのにいかに考えて描かれているかが伝わってきました。線画(色がはいってない状態)なんか見てると小さい頃にやった塗り絵を思い出しちゃったりして色鉛筆やマーカーで色塗りしてみたくなっちゃいましたね。
 作品に対して共感できるし、個人的には好きなイラストレータですね。みなさんはいかがでしょうか?

わたせせいぞう公式HPはこちら:http://www.apple-farm.co.jp/index.html
[PR]
by puyan27 | 2006-01-21 17:12 | 展示会
 今日はKENNY G JAPAN TOUR 2006に行ってきました。コンサートに行くのは何年ぶりだろうか。あまりに久しぶりなため、かなりわくわくしてしまいました。しかも海外アーティストは今まで行ったことなかったですし。場所は東京国際フォーラムのホールA。3:00 PM開演でした。
 発売日にチケットをとったわけではなくて今年に入ってチケットぴあのHPをチェックしていたときに空きがあってGETしたのでやはり席はめちゃめちゃ後ろのほうでした。まあ、ネットで申し込む時点で当然期待はしてませんでしたが・・・。
 それにしても彼のサックスはすばらしいですね。最初は本当に演奏しているのか疑ってしまいました(マジで!!)。CDで聞いているのと変わらないくらいに乱れがないというか。。。何度も双眼鏡でじっと見てしまいましたよ。疑った私がバカでしたが(m_m)。
 彼のパフォーマンスも面白かったです。息継ぎしないでサックスをずっと吹いているんです(これがすごく長いんですよ~。)。我々から見るとかなりの驚きです。どう考えてもありえないくらいなんです。なぜこんなに長く吹いていられるのか?ちゃんと日本語で説明してくれました。口から息を吐くのと同時に鼻から息を吸うことができるのだそうです。って私がやろうとしてもできませんが・・・。
 そして彼を支えるバックのバンドメンバーがこれまたすばらしかったです。VAIL JOHNSON(BASS)、JOHN RAYMOND(GUITAR)、ROBERT DAMPER(KEY)、KARL MARTI(KEY)、RON POWELL(PERC)、LANCE LEE(DRUMS)でした。お名前は初めて聞いた方々なのですがやっぱりこういったジャンルの方々の演奏はレベルが高くて脱帽です。個人的にはパーカションのリズム感のすごさには驚いたな~。
 2階席まで足を運んで演奏してくれたりしてサービス精神もよかったです。私が座っているほうと逆側だったのがちょっと残念(T.T)。まあ仕方ないですね。ラストのアンコールは2曲演奏してくれました。私も以前に買ったアルバム「DUOTONES」の「SONGBIRD」(代表的な曲なのでお馴染みですね。)そしてタイタニックのテーマでした。後者はボーカルとはまたひと味違い、サックスのよさを感じさせる曲でした。彼だからそう思えるのかもしれませんね。
 素晴らしい演奏をありがとうございましたと素直にいいたい気持ちにさせてくれました。来て本当によかった~。
e0034068_1103074.jpg
e0034068_1114152.jpg
余談:見ていたところKENNY Gが2種類のサックスを使っていたように見えました。サックスという楽器自体の知識が乏しい私はちょっとネットで調べてみちゃいました。面白いHPがあったので興味がある方はどうぞ。http://www.bluenote.co.jp/sax/
[PR]
by puyan27 | 2006-01-15 22:09 | ライブ・コンサート

TOKYO AUTO SALON 2006 with NAPAC

 本日は幕張メッセで行われているTOKYO AUTO SALON 2006 with NAPACへ行ってきました。カスタマイズされた車のオンパレードで東京モーターショーとはまた違った楽しさがあります。ではその様子をどうぞ。

e0034068_23275970.jpg車名わからん
Pro Chrome for WORKS/Weld
e0034068_23281910.jpgFABULOUS FERRARI 430
FABULOUS
e0034068_23283512.jpgXANAVI NISMO Z
NISSAN
e0034068_23285254.jpgINPUL MARCH
株式会社ホシノインパル
e0034068_2329520.jpgKranze GS430
weds.co.,Itd
e0034068_23291615.jpgストリームZ[Z33]
JUNオートメカニック
e0034068_2329295.jpgサンアイワークス With SEXY STYLE MMブラザーズFC[FC3S]
サンアイワークス&show UP アサヒ
e0034068_23294229.jpg八潮ファクトリーS15琉球バージョン
YASHIO FACTORY
e0034068_23295287.jpgMAZDA RX-8[SE3P]
JIC
e0034068_02453.jpgCOPEN ZZ?
DAIHATSU
白いRECAROの文字が入ったシートがまぶしかったです。
e0034068_031616.jpgOPEN INTERFACE TOM'S SUPRA
TOYOTA
e0034068_032772.jpg日産ブースのステージの様子

e0034068_0346100.jpgNSX-GT
HONDA?
e0034068_0134621.jpg撃速 CAHRGESPEED IMPREZA GDB F型 TYPE-Ⅱ
撃速 CAHRGE SPEED
e0034068_0142496.jpgRoad Storm
Road Storm
e0034068_05673.jpgラジコンのミニカーでコースを走らせていたのですが詳細のパンフもらうの忘れてしまいました。カーブとかではミニカーなのにちゃんとドリフトするんですよ。なかなか本格的な走りをしていました。思わず欲しくなりますね。
e0034068_056279.jpgASM筑波スペシャル2005
オートバックスグループ
e0034068_0563817.jpgHKS Genki Racing Performer IS220-R
株式会社エッチ・ケー・エス
e0034068_0564853.jpgCIRCUIT TRIAL
MAZDA
e0034068_056574.jpgなんでavexのブースがあるんだ?と思っていたら本イベントのスポンサーなんですね。
e0034068_1123267.jpgZ TALK SESSION
GUEST
日産チーフプロダクトスペシャリスト
湯川伸次郎
日産栃木ブルービンググランド開発ドライバー
加藤博義
NAVIGATOR
モータースポーツジャーナリスト
高橋二朗
e0034068_1125919.jpgSUBARUブースでやっていた水平対向エンジンの組み立て(?)。手つきが本当に職人みたいな裁きでした。メカ好きでマニアックな人が好みそうですね。
e0034068_129998.jpgOHLINS LANCER Evolution WAGON
三菱自動車
e0034068_1293256.jpgSYMS Racing with TEXMODIFY D1spec
SYMS Racing
e0034068_1294867.jpgEBBRO M-TEC NSX
無限MUGEN
 だいぶ景気がいいからか大手をはじめとする各社はみなステージショーのようなものをやってましたね。しかも雇っているコンパニオン等の数がかなり増えているような気がしました。日本経済ますます伸びてくれるといいなあ。
[PR]
by puyan27 | 2006-01-14 23:26 | 展示会
 毎回、シャープAQUOSのTVCMはなかなか素敵な場所で撮影されてますが今オンエアされているのは「モネの庭篇」です。そう、クロード・モネの「白い睡蓮」が描かれた「ジヴェルニーの庭」です。自分としては昨年の12月18日に「プーシキン美術館展」に行ったときにも実際に作品を観てすばらしいと感じたのが記憶にも新しいです。このCMは実際にフランスの「ジヴェルニーの庭」で睡蓮が咲く夏の時期に撮影されたものなのだと思いますが凜とした吉永小百合さんと睡蓮がとても素敵ですね。
 一度はフランスまで旅行して訪れてみたいですがなかなかそうもいかないのが現状。一昨年に比叡山へ旅行に行ったときに「ガーデンミュージアム比叡」という庭園美術館があったのを思い出しました。ここはフランス印象派画家たちの作品をモチーフにして実際に再現しているんです。

e0034068_0595418.jpgガーデンミュージアム比叡の入口です。
2004年4月30日撮影
e0034068_101246.jpgガーデンミュージアム比叡内部の様子です。この時は初夏でしたがこんな風にお花がたくさん咲いていました。睡蓮を見るにはちょっと早かったですね。「モネの庭」の写真は撮ってくるの忘れていたようです。見たい方は上記のガーデンミュージアム比叡のHPのリンクへどうぞ!!
 さらにネットで調べていると他にもこういった実際にモネの庭を再現しているところがあるんですね。
 豊橋総合動植物公園(愛知県豊橋市)と北川村「モネの庭」マルモッタン(高知県安芸郡北川村)がそうです。四国となるとそう簡単にはこれまた行けそうはありませんが訪れたときにはぜひ検討したいと思いました。これだけじゃなくてまだ他にもあるかも・・・。
 まさかこのCM、これらのうちのどれかで撮影したなんて落ちはないよな。。。。
[PR]
by puyan27 | 2006-01-10 23:22 | 建築・庭園

練馬区立温室植物園

 ちょっとした用事で実家に戻ったのですがそのついでに「練馬区立温室植物園」なる所へちらっと寄ってみました。

e0034068_0243517.jpg練馬区立温室植物園の外観です。近くに光ヶ丘清掃工場があり、その余熱利用のひとつとして平成2年10月に開園したそうです。中に入るとさすが温室です。メガネが一気に曇りましたw。冬は温室は暖かくてなかなかいいですね~。
e0034068_0245453.jpgバナナ
ごらんのとおりバナナがなっています。大きさ的にはモンキーバナナくらいかな。普段はよく食べるけどこういう状態は滅多に見ないですよね。一番下が花のようなのですがこれっていつ咲くんだろうか・・・。
e0034068_025583.jpgベニヒモノキ
赤いひものような花が印象的です。
e0034068_0251535.jpgパパイヤ
かなり実がなっています。まだ小さいのかな?食べ時はいつなんでしょうね。
e0034068_0252736.jpgパキラ
観葉植物ではよく見かけますがここのは5メートルくらいあります。実際にはこんなに大きくなる植物なんですね。知らなかった。。。
e0034068_0253766.jpgタビビトノキ
名前がなんか惹かれませんか?名前の由来は2つの説があるそうな。

1:葉の基の部分にたまる水が旅人に役に立った。
2:大きな葉がいつも一定方向を向くので、旅人が道を知る手がかりになった。

本当なんだろうか・・・。
e0034068_0254773.jpgバニラ
バニラの実ってみたことないですね。実はなってなかったのでちょっと残念。
e0034068_0255966.jpgマルハチ
小笠原諸島の固有の植物だそうです。幹の部分の丸い部分はたしかに八の字を逆さまにしたように見えますね。(って写真小さすぎてわからないですね・・・。)
e0034068_026931.jpgマンゴー
マンゴーの実ってどれくらいの大きさなんだろうか?忘れてしまいました。この木を見た感じそんなに大きな実ではなさそうな気がするなあ。いつごろ実がなるのかな?
e0034068_026202.jpgビカクシダ
「麋(ビ)」とは中国の伝説上の動物であり、つまり「鹿の角のようなシダ」という意味だそうです。たしかに鹿の角みたいな形をしていますね。
 ここの植物園は無料です。しかも人が本当に少ないのでゆったり見れました。近所にこんなのがあると定期的に見に来れていいですね。
[PR]
by puyan27 | 2006-01-08 22:12 | スポット
e0034068_1935989.jpg 六本木ヒルズ 森美術館で開催されている「杉本博司 時間の終わり展」を観に行ってきました。
 杉本博司さんというお名前は私ははじめて聞いたのですがプロフィールを見るとかなり有名な方のようですね。(上記リンクにて見れます。)
 作品の感想なのですが、まずモノクロの写真という手法で芸術性を表現しているものを観るのは初めてだったのでちょっと新鮮味がありました。そして、作品の意図(杉本さんが何を観る者に伝えたいのか)については難しいものとなんとなく伝わるなというものに分かれました。(基本的には全般的に難しいかも。私だけかも知れませんが・・・。)
 例えば、ジオラマに動物の剥製を取り込んで写せば本物のように見えるというのはたしかに理解はできましたし、水墨画の松林図を実際に松林を写してモノクロ写真の松林図で表現するというものもなんとなく理解できました。とても面白いアイデアですよね。それらに対して有名な建物をわざとぼかして写したりしているものなんかはなぜぼかす必要があるのかわかりかねました。また、能舞台のある展示室では海(水平線)を写した写真がたくさん展示されておりました。たしかに一枚一枚は微妙に異なるのですがこれらを通して何を伝えたいのかは理解できませんでした。(実際に能が昨年に開かれたみたいなのですがなぜ能と組み合わせているのかについても不思議な感じです。)千体仏を延々と1000体くらい写しているものもこれまた難しいですね。さっぱりわからなかったです。(単に1000体の仏が並ぶとこういった感じだということ?)といった具合に理解できる・できないが顕著に現れてしまいました。
 ただかなり興味があった部分もありました。まずは杉本博司さんが設計に携わったという「護王神社」です。これはベネッセアートサイト直島の「家プロジェクト」の一環のようなのですがこのような試みがあったんだな~とちょっと心が躍りました。ぜひ直島に訪れてみたいと思いました。
 次に建物の作品の中で「光の教会」(安藤忠雄)っていうものがあったのですがこの写真の建物にはすごく惹かれました。十字架を光で取り込んでいるのです。早速ネットで調べてみるとヒットしました。大阪府茨木市にあり、正式名称を「日本キリスト教団茨木春日丘教会」というのだそうな。
 あとはシアターの写真がたくさんあったのですがアメリカのシアターってものすごい格調高い(そういうところを厳選して撮影しているのかもしれませんが)のにちょっと驚きです。日本にはあんなシアターはないような気がします。
 といった感じで新たな情報の取得や発見もあり、なかなか楽しむことができました。興味のある方は行ってみてください。
[PR]
by puyan27 | 2006-01-07 21:44 | 美術館・美術展
 今更なんですが、昨年の12/23に三井美術館に行ったときに撮影した夜の様子を紹介しようとずっと思っていたのですがこんなに日が経ってしまいました(T.T)。なかなか綺麗でしたので写真をアップしておきます。

e0034068_120425.jpg右から日本橋三井タワー、三井本館(中央三井信託銀行)、日本橋三越本店です。
e0034068_1203515.jpg更にアップして右から三井本館(中央三井信託銀行)、日本橋三越本店です。
e0034068_1204748.jpg日本橋三越本店です。これって一年中こういった感じなのかな?(クリスマスだからではなくて?)
e0034068_12121.jpg道路を挟んで三井本館正面にある越後屋です。ちょっとしたスポットなのですが昔の火事の道具が展示されていて面白かったです。
e0034068_1212133.jpg三井本館です。

[PR]
by puyan27 | 2006-01-05 23:18 | その他

初詣(大國魂神社)

 今年の初詣は昨年と同じく「大国魂神社」へ行って参りました。府中市にある神社で、大國魂大神(素盞鳴尊の御子神)を御祭神としている神社です。昨年は午後一くらいから行ったのですがあまりの人の行列にうんざりしてしまいました。三賀日はどこも長時間並びますよね。それを避ける意味もあって朝6時半に行ってきました(開門は6時半)。やっぱり同じ事考えている方はいらっしゃるんですね。地元の方なのかもしれませんが参拝に来ている方はちょこちょこいましたよ。やっぱり来たかいがありましたヾ(^v^)k。
e0034068_1147929.jpg
 早速、一年の抱負をこめて参拝しました。その後、一年間財布に入れて持ち歩いたお守りは感謝を込めてお返しし、今年のお守りを買いました。もちろんおみくじは欠かせません。今年は「大吉」でした(^_^)V。今年も充実した一年となるように精進していきたいと思います。
[PR]
by puyan27 | 2006-01-02 14:45 | その他