ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

<   2006年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

e0034068_23312100.jpg 今日は東京国立近代美術館で開催されている「藤田嗣治展」を観てきました。藤田嗣治さんは2月11日に行った「大いなる遺産 美の伝統展」に行ったときに「私の夢」という作品を観て初めて知った方ですが、このときかなり印象に残っていたのでぜひ他の作品も観てみたいと思っていました。ちょうどこの展示会が開催されてラッキーでした。
 展示は彼が23歳の時の作品から始まり、独自の表現を確立するまでの様子が作品から伺えました。晩年にはどんなアーティストの方もそうですが初期のものとは比べ物にならないくらいに絵の完成度が高くなっているのが伺えました。ひとつのことを努力して積み重ねていくことって本当に大変であり、終わりのないことです。でも続ければ続けるほど本当に素晴らしいものになるんですね。
 彼はフランスに渡って数々の西洋画を観て勉強し、影響を受けたそうですが油彩画なのに墨を用いているところは日本人ならではですよね。独自の表現方法を見出し、描かれた作品群は本当に魅力的でした。作品の特徴である繊細に書かれた小物や一本歯の猫などはかなり好きですね。そして自画像でかけているまん丸な黒縁の眼鏡もすごく印象的でした。
 途中で「風俗日本 子供篇」というビデオが流れていましたがその様子も非常に面白かったです。昔の子供って大人数で紙芝居を観たりやチャンバラをして遊んでいたんですね。その姿をみて随分と時代が変わったんだなあと思いました。TVゲームにはまるよりはよっぽどいいような気がしますが・・・。
 それから彼が日本戻ってきてから日本の様子を題材にして書いた作品群(日本回帰)はすごく自分としてはほほえましかったです。自分はやはり日本人なのだという気持ちがなんだか伝わってきて・・・。作品の説明に書かれている所有者を見ていると。「平野政吉美術館」となっているものが結構目立ちました。初めて聞いた名前なのですが調べたところ彼の作品を多数所有しているんですね~。ぜひ訪れてみたいなあと思いました。「秋田の行事」という大作があるらしく、これは写真でしか張ってなかったので本物をぜひとも観てみたいですね。
 GWが始まり、またこの展示会も来週いっぱいで終了のようですので込み具合はなかなかでしたが非常に見ごたえのある展示会でしたよ~。
[PR]
by puyan27 | 2006-04-30 20:46 | 美術館・美術展
e0034068_054504.jpg 昨年作った苔玉がだめになってしまい、家の中の観葉植物が寂しくなってしまったので、近所のお花屋さんに寄り道したときに購入しました。「セレウス・ペルービアナス」というサボテンで、携帯電話や家電製品からでる電磁波を吸収して育つサボテンなんだそうです。
 育て方は春から夏の生育期には10日に1回程度、秋~冬は月に1回くらい水をあげます。天気のよい日は日光浴をさせてあげます。といったようにそんなに手間もかからないので手軽に育てられそうです。
 我が家の観葉植物にに仲間入りです~(^ヘ^)v。しっかりと面倒を見て育ててあげないとね。
[PR]
by puyan27 | 2006-04-18 00:53 | その他
 まだ1周年を迎えたばかりというエプソン品川アクアスタジアムへ行ってきました。水族館に行くのはどれくらいぶりなんだろう?あまりに久しぶりなのでかなりわくわくして出かけてきましたよ。
e0034068_1365271.jpgある水槽の様子。
全体的に水槽の規模は小さい感じがしました。サメとエイの海中トンネルが一番見応えあったと思います。エイの泳ぎってほんと観ていると癒される感じですよね~。(左写真は違う水槽のものですが・・・)
e0034068_1371619.jpgイルカプールの様子です。
ここの水族館はアクアスタジアムという名のとおりこっちがメインのような気がしました。イルカショーなかなかよかったですよ~。6匹のイルカたちが繰り広げるさまざまなパフォーマンス本当に見事でした。イルカってかわいいですよね。あれだけ飼育係の人になつくとかわいくてしょうがないでしょうね。頭を撫でてみたかった。。。ちなみに右写真はまだショーが始まる前のものです。

 それにしてもやっぱり品川駅から近くてアクセスもよいせいか人が多いです。水槽はもっとゆったりと観られたほうがいいですね。こればかりは仕方ないですが・・・。
[PR]
by puyan27 | 2006-04-16 21:35 | スポット
e0034068_049526.jpg たまには親孝行をしようと母、祖母を連れて、劇団四季の「鹿鳴館」を観に浜松町の自由劇場へ行ってきました。
 鹿鳴館は1883年(明治16年)日比谷に外国人迎賓館として開館したらしいです。設計は旧岩崎邸などでも知られるジョサイア・コンドルによるものでしたが1940年に廃止になり取り壊されてしまったようです。
 三島由紀夫の「鹿鳴館」という作品はこの鹿鳴館を舞台にしているのでそういったタイトルがついたんでしょうね(原作は読んだことないのでよくわかりませんが・・・)。ストーリー的にはやっぱり人物関係がかなりキーだなと思いました。そしてそのちょっと複雑な人物関係の中で繰り広げられる愛、嫉妬といった感情の表現がとても印象的でした。それだけでなく、日本という国への愛国心みたいなものも非常に強く感じられましたね。私の中では三島由紀夫は市ヶ谷駐屯地で割腹自殺したという話があまりにインパクトが強かったのでしょう。イメージが文学作品を書かれているとは思えなかったのですが、今回劇を観て、とても繊細かつ複雑な考えを持っていた人なんだな~と改めて思いました。父が三島由紀夫を絶賛していたのが理解できるような気がしました。
 全体的な劇自体の感想ですが、この作品はちょっと年配の方のほうがうけは良いかも知れない感じがしました。自分たちが生きてきた時代とはちょっとマッチしませんので古き良き日本が好きっていう人でないとわからない部分があるような気がします。個人的にはこういった時代背景のものは好きですのでよかったのですが、めちゃめちゃはまるって感じでもなかったです。こういったものよりはクレイジー・フォー・ユーやキャッツのようなミュージカルのほうがいいのか面白いかもしれません。次回はこの2作品のどちらかを観てみたいと思います。

鑑賞した席:2階4列25番
[PR]
by puyan27 | 2006-04-15 19:48 | 演劇
e0034068_22334859.jpg 投稿遅くなりましたが、この「花より工芸」も千鳥ヶ淵のお花見時に寄ったイベントです。場所は東京国立近代美術館工芸館です。この日は入場が無料だったのでラッキー。
 工芸品という美術分野はまた本当に魅力的ですね。絵とはまた違い、形にしますから本当に見応えがあります。素晴らしい作品がたくさんありましたが、自分の中でインパクトが強かったのは藤田喬平さんのガラス作品と松井康成さんの陶器作品ですね。お二人とも近年(2003年、2004年)に亡くなられた方のようですが、素晴らしい作品を残してくれたんだなあと思いました。重要無形文化財保持者(人間国宝)と言われるだけのことはあります。一度は観てみる価値はありです。

e0034068_22344225.jpg東京国立近代美術館工芸館の外観です。重厚な造りでかなり立派です。

重要文化財 旧近衛師団司令部庁舎
建築:明治43年3月
指定:昭和47年10月
[PR]
by puyan27 | 2006-04-02 22:34 | 美術館・美術展
e0034068_21211456.jpg 千鳥ヶ淵で桜鑑賞のついでに山種美術館で開催されている「桜さくらサクラ・2006」を観てきました。桜をテーマとした作品が展示されているということであの美しさをどのように表現しているのかじっくりと鑑賞させていただきました。面白い趣旨の展示会ですね。
 日本画の作家の方々が桜をテーマとして描いているのも桜に対する特別な思いがあるのでしょうね。日本人は桜に対する美意識が独特だといいますし。西洋化してきた現代人はどうなんでしょう?その独特な感性を自分が持っているのかはよくわからないけど日本人らしくありたいとは思いますね。
 すばらしい作品ばかりでした自分が特に惹かれたのは石田武さんの「千鳥ヶ淵」「吉野」「春宵」でした。直感的なものなのでなぜよいと思ったのかはうまく言えないのですが本当にうまく描写できていて繊細さを感じました。「千鳥ヶ淵」は平成17年作品で新作なのだそうです。水面の描写がまたなんとも言えなくでよかったです。まだ現役の方のようですので個展とかあったらぜひとも観に行ってみたいと思いました。
 横山大観の「夜桜」という作品が観られると思っていましたが4月28日~5月7日展示のようです。これは観られなくてちょっと残念でしたが、それなりに満喫できたと思います。
 最近みた桜の作品ではバークコレクションの酒井抱一の「桜花図屏風」ですがあれはアメリカにいかないと観られないんと思うとちょっと残念です。かなり素晴らしいと思った作品でしたので・・・。
[PR]
by puyan27 | 2006-04-02 21:21 | 美術館・美術展

千鳥ヶ淵

 東京の桜の名所である千鳥ヶ淵へ出かけてきましたのでその様子をどうぞ。もう桜はピークをすぎ、徐々に散っているようです。今日は空もどんよりとしていて風も強かったせいか花びらが乱舞しまくりでした(ある意味うれしいというか美しいというか。。。)。

e0034068_1952561.jpg田安門から撮影したお堀の様子です。左下の水面に浮いた花びらの数がものすごかった~。この桜が全部散る頃はどうなっているんでしょうね。
e0034068_195363.jpg田安門の様子です。ここをくぐり抜けると武道館へ。
e0034068_19532115.jpg千鳥ヶ淵の様子(その1)です。区営ボート乗り場付近を撮影してみました。手前の道路は首都高速です。
e0034068_19533759.jpg千鳥ヶ淵の様子(その2)です。区営ボート乗り場を別の角度から撮ってみました。いや~ボート乗ってみたかったな~。この時期は格別ですよね。
e0034068_19535479.jpg千鳥ヶ淵緑道の様子です。見てのとおりすごい人混みです。私はこの緑道は逆から廻ったのであまり気にはならなかったですが・・・。当然ながらお堀は写真右側ですので左側を歩いてもいまいちですけど・・・。

 この辺りは皇居外苑も含めて非常に広いので、一日じゃちょっと無理かな。また桜でなくても訪れてみたいですね。
[PR]
by puyan27 | 2006-04-02 19:54 | スポット