ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

<   2006年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

e0034068_057858.jpg 上野の国立西洋美術館で開催されているロダンとカリエールを観てきました。ロダンとカリエールは親交が深く、作品にも関係性があったようです。2人の作品を照らし合わせることでその関係性を読み解こうというのが今回の美術展の意図みたいです。個人的には彫刻のほうがインパクトが強すぎてロダンの彫刻作品にばかり目がいっていたような気がします。ただ、ロダンは彫刻なのに対し、カリエールは絵画なので同じ対象物でも表現の仕方が全然違いますよね。2人の作品が並べて展示してあるのでその違いをよく観ることができてよいです。美術館の中に入らなくても庭にはロダンの作品が展示されているので以下の写真でちょいと紹介。

e0034068_0572957.jpgオーギュスト・ロダン(1840年-1917年)
カレーの市民
1884-88年
ブロンズ
松方コレクション
e0034068_0574060.jpgオーギュスト・ロダン(1840年-1917年)
地獄の門
1880-1917年
ブロンズ
松方コレクション

かなりの大きさがあって迫力満点です。また地獄の門というとおりおどろおどろしさもあり本当に見応えがあります。
e0034068_0575321.jpgオーギュスト・ロダン(1840年-1917年)
考える人(拡大作)
1880年(1902-04年に拡大)
ブロンズ
松方コレクション

彫刻作品って著作権者の許可があれば複製していいようです。ただあまりに複製が増えるといけませんので1作品につき12までとか決まっているみたいです。また、オリジナルに対し、大きさを変えるのは自由のようです。拡大っていうのはそういう意味なのかな。。

 ここの美術館は常設展もかなりたくさんの作品が展示してあるので見応えあります。時間があるときにゆったりと廻るのがいいですね。
[PR]
by puyan27 | 2006-05-28 23:06 | 美術館・美術展
 以前、六義園のライトアップを観に行った時の記事のコメントで旧古河庭園の洋館のライトアップもあるよとs_fiorenzoさんにコメントで教えていただきましたm(__)m。そのイベントが5/19~28で行われているため観に行ってきました~。
 武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴です。この土地はもと明治の元勲・陸奥宗光の別邸でしたが、宗光の次男が古河財閥の養子になった時、古河家の所有となりました(当時の建物は現存していません)。
 現在の洋館と洋風庭園の設計者は、明治から大正にかけて、鹿鳴館、ニコライ堂、旧岩崎邸庭園洋館などを手がけ、日本の建築界に多大な貢献をした英国人建築家のジョサイア・コンドル(1852~1920年)です。日本庭園の作庭者は、京都の庭師・植治こと小川治兵衛(1860~1933年)で、洋風庭園に勝るとも劣らない魅力的な名園を造りあげています。旧古河庭園は、大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在であり、平成18年1月26日に国の名勝に指定されました。
旧古河庭園パンフレット引用


e0034068_9411091.jpg洋館のライトアップ(その1)
e0034068_9412697.jpg洋館のライトアップ(その2)
e0034068_9413861.jpg日本庭園の様子
心字池と雪見灯籠です。この灯籠がめちゃめちゃ大きいんですよね~。ライトアップの時間帯は灯籠までの道は立ち入り禁止となるので近くに行くことはできません。

 もちろんバラもたくさんの品種が咲いているので見応えがかなりあります。なんといってもやっぱり建物の中は入ってみたかったですが原則的に事前申込制なので入ることができません。入れる時間帯も決められていますし。。。定員が25名満たなかった場合はその場でも入れるようですがそういう人はラッキーですよね。
[PR]
by puyan27 | 2006-05-20 21:37 | 建築・庭園

AKARI(イサム・ノグチ)

e0034068_23192837.jpg 間接照明が欲しいなあと思っていましたが、やっぱり気になるのは和紙のやわらかい光。更に和紙を使った間接照明といえばと連想してくるとやっぱりイサム・ノグチのAKARIシリーズですよね~。そんなに値段が高いわけでもなくデザインも優れているため結構手に入れやすいと思います。思わず某大手家具店へ視察へ行くとめっちゃ安い(O_o)WAO!!!。即決めで購入しちゃいましたよ。組み立ても簡単ですし、かなり満足してます。偉大なるアーティストであるイサム・ノグチのデザインをこんな価格で購入できるなんて破格ですよね~。
 というわけで末永くこのお気に入りの一品とお付き合いして行きたいと思いますm(_ _)m。
[PR]
by puyan27 | 2006-05-17 23:19 | その他
e0034068_22394452.jpg 今日は東京国際フォーラム・ホールAへライブへを観に行ってきました。ライブ イマージュ 5(サンク)です。このライブはヒーリング・リラクシングのコンピレーションアルバムであるイマージュシリーズの第5弾のイマージュ 5(サンク)が2/1に発売されましたがそのライブ版のようなものです。もちろんアルバムは発売日と同時に購入し、聞き込んでおりましたのでこの日を待ちに待ったといった感じでした。今年で6回目になるのだそうです。かなり続いているんですね~。
 本日の公演は第一部が松谷卓さん、小松亮太さん、カルロス・ヌニェスさん、加古隆さん、第2部がゴンチチさん、宮本文昭さん、羽毛田丈史さん、葉加瀬太郎さんだったかな。あとはオーケストライマージュの方々は常時演奏といった感じでした。
 楽器の個性って素晴らしいですね。各々の音楽家が使いこなす楽器は異なりますが皆さんやはり実力派な方々ですのでとても聞き応えがあります。本当にたくさんの楽器の演奏を楽しめるライブでした。
 アルバム以外の曲もいろいろ演奏してくださいましたがとりわけ映画の挿入曲が本当に多いんだなと思いました。県庁の星、今会いに行きます、博士の愛した数式など最近の邦画はこういった本格的な音楽家の曲を採用して力を入れているのかも知れません。
 映像と音楽の美といっているように大画面プロジェクタと照明を使った演出もなかなかのものです。東京国際フォーラムのホールAはかなり広いので2階席の後ろのほうだとさっぱりわからないんですよ。(前回のKENNY Gの時はそうだったので。。。)その点はプロジェクタに映し出されたりするので割と見やすいですね。後は次の音楽家へ移る間に鳥の鳴き声を流したり、まさにヒーリング・リラクシングという感じでした。
 このライブは6年目だそうですが毎年恒例のようにはまっている方がいるのかもしれませんね。それだけの内容をもったライブなのだと思います。来年もぜひ期待ですね~。それにしても15時開演で終わったのが19時前くらいってすごいですよね~。めちゃめちゃ長かった。。。最終日っていうのもあったのかもしれませんが。。。
 宮本文昭さんはイマージュ出演が今回で最後ということで皆さんに見送られてました。この方のオーボエはたしかに素敵ですよね。あの派手な衣装もかなり笑えました。毎年の恒例だったみたいです。
 まだ行ったことのない人はかなりお薦めのライブだと思います。ぜひ行ってみてください。
[PR]
by puyan27 | 2006-05-14 22:39 | ライブ・コンサート

金沢旅行(2日目)

金沢旅行の2日目の観光は

金沢21世紀美術館 ~ 兼六園 ~ 金沢城公園

といった感じでした。

e0034068_22462867.jpg金沢21世紀美術館
外観
せっかくなので有料ゾーンの企画展もすべて観ることにしました。ちなみにこの時やっていた企画展は「人間は自由なんだから:
ゲント現代美術館コレクションより」展と「コレクション展Ⅰ」でした。
e0034068_22464728.jpg金沢21世紀美術館
レアンドロ・エルリッヒ「スイミング・プール」(上部)
水を覗くと下に人が見えるので不思議な感じです。
e0034068_2247033.jpg金沢21世紀美術館
レアンドロ・エルリッヒ「スイミング・プール」(下部)
実際には10センチほどしか水は入ってないので下から見るとこんな感じに。ちなみに上部は無料ゾーンですが下部は有料ゾーンです。

e0034068_22471422.jpg金沢21世紀美術館
ジェームズ・タレル「ブルー・プラネット・スカイ」
空が天井と同一面であるかのように見せているらしいのですがいまいちわからなかったかも。夕暮れ時がベストらしいのですが思いっきり昼間だったのでそのせいなのかな・・・。
e0034068_2247427.jpg兼六園
噴水
この噴水は霞ヶ池を水源としており、水面との落差で、高さ約3.5メートルにまで吹き上がっている。日本庭園では、大変珍しく、19世紀中頃につくられた日本最古のものといわれている。(説明を引用)
e0034068_2248030.jpg兼六園
徽軫(ことじ)灯籠
この風景はかなりお馴染みですよね~。よく観光ガイドとかに載っているのもこの石灯籠です。
e0034068_22482228.jpg兼六園
唐崎松
13代藩主前田斉泰(1822~1866)が、琵琶湖の松の名所唐崎から種子を取り寄せ、育てた。(説明を引用)
ちょっと写した角度が悪いんですよね。。。
e0034068_22483679.jpg兼六園
雁行橋
一枚一枚が、亀の甲の形をしているので別名亀甲橋ともいう。11枚の赤戸室石で雁が列をなして飛んでいる姿につくられており、かりがね橋ともいう。(説明を引用)
e0034068_22485440.jpg兼六園
根上松
13代藩主前田斉泰(1822~1866)が、稚松を高い盛土にお手植えし徐々に土を除いて根をあらわしたものと伝えられる。(説明を引用)
まるで盆栽の松が巨大化したような感じですね。
e0034068_2249402.jpg金沢城公園
菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓
菱櫓は大手と搦手を見張る物見櫓、橋爪門続櫓は二ノ丸大手の橋爪門枡形を見張る物見櫓、五十間長屋は武器等の倉庫でした。(公式HPを引用)
e0034068_22495739.jpg金沢城公園
戌亥櫓跡
かなり見渡しがいい所です。最盛期の金沢城って壮大だったんだろうな~。想像を掻き立てますね。さすがは加賀百万石です。

[PR]
by puyan27 | 2006-05-06 22:29 | 旅行

金沢旅行(1日目)

 GWを利用して1泊2日で石川県の金沢まで旅行に行ってきました。11時に羽田発で1時間ほどで小松空港へ着。午後からの観光となりました。1日目の観光は

長町武家屋敷跡 ~ 尾山神社 ~ ひがし茶屋街

といった感じでした。特に印象に残ったところだけ載せてみました。

e0034068_20581923.jpg長町武家屋敷跡
武家屋敷跡野村家
ここの庭園は本当に見事なたたずまいでした。床に腰掛けて眺めているとあっという間に時が過ぎていきます。米国の庭園専門誌「ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング」(JOJG)でも2005年は7位にランキングされている名庭のようです。
e0034068_20585443.jpg尾山神社
神門(昼間の様子)
和・漢・洋折衷様式で、特に一番上の5色のギヤマン(辞書によるとガラスの古風な呼び方のことらしい)が非常に印象的です。もともとは旧金沢城二の丸にあった唐門を移築したものだそうです。この神社は初代加賀藩主前田利家公と正室おまつの方を御祭神としています。
e0034068_20592122.jpg尾山神社
神門(夜の様子)
たまたま帰りに同じ道を通った時にでくわしたのですがライトアップされていて非常に綺麗でした。本当は昼間の写真と同じ角度の写真が掲載できればよかったのですが撮り忘れちゃいました。すごくギヤマンが光で輝いて綺麗なんです。
e0034068_20594413.jpgひがし茶屋街
ちょうど京都の町並みの保存地区みたいな感じで保存されている地区なのでしょう。藩政時代の面影を今も観ることができます。情緒あふれていてとても素敵です。
e0034068_2101368.jpgひがし茶屋街
志摩
外観
国重要指定文化財のお茶屋です。江戸時代の様子をそのまま残しており、大変貴重なのだそうです。中の造りは本当に粋でした。
e0034068_2103225.jpgひがし茶屋街
志摩
坪庭の様子
坪庭って大好き。こんな庭が家にあったらなあといつも憧れます。写真は1階からの様子ですが2階からの眺めも素晴らしいです。「寒村庵」という抹茶と和菓子を頂けるところもあり、落ち着けていいですよ。
e0034068_2105266.jpgひがし茶屋街
懐華楼
外観
こちらも志摩と同じく茶屋ではありますが、内装はとても華やかで目を引く物があります。17時を過ぎていたので内部の見学しかできませんでしたがお茶屋体験や抹茶、和菓子を頂くこともできるようです。
e0034068_21113100.jpgひがし茶屋街
懐華楼
内部の様子(その1)

e0034068_2113720.jpgひがし茶屋街
懐華楼
内部の様子(その2)
光の照らし具合がなんともいえないですよね~。ちょっと薄暗い感じだったので気が付かなかったのですが、畳は金箔織りなのだそうです。豪華ですね。

[PR]
by puyan27 | 2006-05-05 20:56 | 旅行
e0034068_1714565.jpg ボタニカルアート(植物学の記録の手段として植物の構造を正確・緻密に描写した絵)ですが5/3に観た「ボタニカルアート展~ルドゥーテのバラ~」でちょっと刺激を受けてしまったので新宿の損保ジャパン東郷青児美術館で開催されている「英国シャーリー・シャーウッド コレクション 現代植物画の巨匠展-ボタニカルアートのルネサンス-」を観に行ってきました。
 タイトルにもあるように現役の植物画家たちの作品が地域ごとに展示されておりましたが本当にどの作品も観察力がすばらしく、緻密に描かれてます。ほとんどが水彩画・紙(羊皮紙)によるもので、油彩とは違って色の表現がやわらかいですね。水彩画は植物を描くのには向いているかもしれません(勝手な自分の好みかもしませんが・・・)。
 ちなみにホテルオークラで観たほうのボタニカルアートは19世紀のものなので年代が全く違うようです。ナポレオンの妃ジョゼフィーヌ付きの画家であるピエール=ジョゼフ・ルドゥーテといった方々を中心として展示されてました。現代画家のように水彩画ではなくて銅版画で描かれているようなのですが版画でここまで緻密に描けるのかと思ってしまうくらいすばらしい作品です。
昔と現代の作品をくらべてみるのも面白いかもしれません。
[PR]
by puyan27 | 2006-05-04 17:14 | 美術館・美術展
e0034068_17104896.jpg この大倉集古館も実は全く知らなかったのですがホテルオークラに隣接しており、存在感あるのですぐに気が付くことでしょう。これまた思わぬ遭遇といった感じです。オークラって大倉をカタカナにしたってことなんですね。
ホテルオークラ創始者大倉喜七郎の父で、明治の実業家大倉喜八郎が1917年に創立した、日本初の私立美術館です。現在、その収蔵品は絵画・彫刻・工芸品・能装束など多岐にわたり、その数は2000点に及びます。さらに、3万5千冊あまりの漢籍を有しています。
公式HP引用
 この大倉集古館で「播磨ゆかりの江戸絵画ー応挙・蘆雪・若冲を中心として-」という展示会が開催されていたため、観ました。この展示会で展示されている作品は個人蔵のものが多いようで普段は観ることができないものが多数あるようです。日本画が非常に素晴らしいものばかりでしたが印象に残ったのは森派と呼ばれる方々の作品です。動物を描いた作品たちは本当に見応えありましたね。猿や狸、亀など一本一本の毛から墨で繊細に書かれていて生き生きとしてました。
 もちろん丸山応挙、長澤蘆雪、伊藤若冲、曾我蕭白など著名な方々の作品も素晴らしく、思わずにんまり(^○^)。
 大倉集古館自体もかなり内装は立派で重厚な造りです。ホテルオークラに行く機会があったら寄り道してみるのも悪くないですよ~。
[PR]
by puyan27 | 2006-05-03 20:07 | 美術館・美術展
e0034068_1755525.jpg 武田双雲さんの作品展と同時開催されている(というかこっちが本当のメインのイベントのようですが・・・)「第7回 10カ国大使夫人のガーデニング in Okura」を観てきました。各国の駐日大使の夫人たちがプロデュースしたのでしょうか。各国の庭園の様子がホテルオークラの「平安の間」にびっしりと彩られてました。どの国も気候が違いますし植物の種類も違うでしょうから各々の国の個性がでていますよね。ちょっと室内ですので自然光であるとより美しいのではないかと思いますが室内によくこんな庭園を造ってますよね。第7回目ということなので結構前からやっていたイベントのようですがはじめて知りました。思わぬ方からこういうイベントに出くわすのは非常に面白いですね(^ヘ^)v。というわけでちょっとその各国の庭園の様子をご紹介しますね~。

e0034068_5185449.jpgモロッコ王国
五感の祝祭
e0034068_5193584.jpgオースラトリア連邦
自然の恵み
e0034068_5202972.jpgイタリア共和国
春のシンフォニー
e0034068_5205546.jpgメキシコ合衆国
瞑想の庭 ルイス・バラガン
e0034068_5211874.jpgアルゼンチン共和国
12の薔薇の庭
e0034068_5325451.jpgアイルランド
ダブリンの喜び
e0034068_5214773.jpgデンマーク王国
微笑みの庭
e0034068_522510.jpgルーマニア
田舎に暮らす喜び
e0034068_5222446.jpgアラブ首長国連邦(U.A.E.)
やしのある庭
e0034068_5224437.jpgブルネイ・ダルサラーム国
美しい思い出の庭

 どこに国がいいかとなると非常に難しい選択ですね。どの国もよいものを持っているし。皆さんはどの国が一番いいなと感じましたか?(写真じゃいまいちわからんでしょうが・・・。)
[PR]
by puyan27 | 2006-05-03 19:00 | イベント
e0034068_16581558.jpg 今日から7日まで開催されている書道家、武田双雲さんの「たのしか」という作品展を観てきました。展示会として観に行くのははじめてでしたので楽しみにしていましたがやっぱりいい書を描かれますね~。
 特に「」という字の刀を意識した書はものすごく気に入りました。作品集「たのしか」の中でも2ページを使って載せているのも納得です。
 この日は作品集「たのしか」の購入者にサイン会も行っていたので自分の名前を書いて頂きました。ん~やっぱり達筆です。すらすらと書けちゃうのがすごいですよね。プロなので当たり前といわれればそうなんですがこの人を見ると和好きな自分としては書道に対して血が騒ぎだします。自分もいずれは流暢に筆で書けるようになりたいんです。日頃パソコンばかりに頼っているせいか漢字力も下がってきているような気がしますし、ここはなんとか喝を入れなきゃなあといつも思いますが実行できてないのが実情(T_T)。暇見つけて段まではいかなくとも級くらいはなんとかとりたいところですが・・・。
 ちなみにこのイベントはメインではなくて「第7回10ヵ国大使夫人のガーデニング in Okura」というイベントの同時開催という位置付けだったため、そちらの入場料を払わないといけなかったのでちょっと惑いました。まあ、でもせっかく来たんだし、ホテルオークラ自体も来るのはじめてだったのでまあいっか・・・。更に同時開催の「ボタニカルアート展~ルドゥーテのバラ~」というのもあり一度で三つおいしいといった感じでした。特にボタニカルアートという分野は初めてみましたが侮ることなかれ。植物をここまで精細に描きあげるなんて感動ものでしたよ。観てよかった~。
[PR]
by puyan27 | 2006-05-03 16:41 | 展示会