ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 投稿遅くなってしまいましたが、ちょうど今の時期、東京都庭園美術館では「旧朝香宮邸のアールデコ」が開催されております。1階の「小客室」が公開されたのとルネ・ラリックの香水瓶等が展示されております。新規公開の部屋はあまり印象はなかったですが、香水瓶はかなりデザインが美しくて、個人的にはよかったです。
 もうひとつの目的は8月26日(土)~31日(木)は夜間開館ということで普段は観ることができない夜の旧朝香宮邸を楽しむことができるんです。夜の照明がついた様子が観たくてついつい足を運んでしまいました。でも本当は25日にあった「特別鑑賞会」に行きたかったのですが平日ですのでさすがに断念(T.T)。正面玄関のルネ・ラリックのガラス・レリーフ扉が空いたらしいのですが観たかったですね~。普段はガラスレリーフ扉の内側はソファがど~んと置いてありますもんね。
 さらにもうひとつ、この手の建物は大抵、写真撮影が禁止なところが多いのですが今の時期は特別にOKとなっております(注:一部のみ)。かなり写真を撮ろうという人が押し掛けているんだろうなあ。私も何枚か撮影してきましたのでたいした写真ではないですがUPしてみました。

e0034068_8491983.jpg旧朝香宮邸の様子
まあ夜だからといってたいして外見的には変わりはないかも。

e0034068_925615.jpg正面玄関
ルネ・ラリック作の有翼の女神のガラスレリーフの扉が光を背後から当てられて一層美しいです。また、アンリ・ラパン作による床一面のモザイクの幾何学模様もすばらしいですね。

e0034068_9124280.jpg次室・香水塔
国立セーブル製陶所で製作されたというアンリ・ラパン作の香水塔は当時は上部の照明内部に香水を施し、照明の熱で香りを漂わせたとのことですが朝香宮殿下はどのような匂いを好まれたんでしょうね。

e0034068_9125690.jpg大客室
ルネ・ラリック制作のシャンデリアをはじめ、銀引きフロスト仕上げのエッチング・ガラスを嵌めこんだ扉や大理石の暖炉の装飾等、この部屋では幾何学的にデザインされた花が主なモチーフとして用いられています。イオニア式柱頭をもつ柱はシコモール材にラッカー仕上げで金茶のつやを出し、天井には漆喰仕上げのジグザグ模様が施されています。壁面の上部を囲むようにキャンバス地に描かれた壁面はアンリ・ラパンによるものです。(説明引用)

e0034068_913854.jpg大食堂
ルネ・ラリックのシャンデリアやガラス扉等に、くだものがモチーフとして使われ、ラジエーター・カバーには魚がデザインされています。暖炉の上の壁画はアンリ・ラパンの作で、赤いバーゴラと泉が油絵で描かれています壁画はブランショによるものです。

e0034068_9132739.jpg中央階段
外国製大理石を用い、手摺りのデザインはアールデコの特徴であるジグザグ模様が強調されています。階段手摺りの填め込み金物はブロンズ製銀イブシ彫仕上げだそうです。光の差し具合が美しくて印象的。
 本当はパーツ(照明、扉等)にしぼったほうがより素晴らしさがわかりやすいのですが今回は部屋全体の感じで載せてみました。いつ観ても豪華な建物ですねo(^-^)o。
[PR]
by puyan27 | 2006-08-26 22:42 | 美術館・美術展
e0034068_12483471.jpg 東京都美術館で開催されている「ペルシャ文明展」へ行ってきました。世界遺産・ペルセポリスの栄華という副題がついており、このペルセポリスとはどこにあるのか気になってましたが、イランとのこと。中東は最近はあまりいいニュースはありませんが、こんな素晴らしい文明が栄えた国だったんですね。こういった文化交流を通してよりよい方向に向かってくれるといいのですが。
 ペルシャ文明ってあまり触れることがないのでわからないことが正直多いです。ただ、アケメネス朝ペルシャやササン朝ペルシャとかって具体的に聞くとなんとなく覚えはあります。展示物もなかなか独特で興味深いものがありました。こぶ牛の形をした土器などは形が面白く、実用的はありませんがこの地域特有のもののような気がしました。リュトン(酒器)にしても飲みやすい形とは思えませんがそこが逆によいかもしれません。
 なかなかよかったなと思ったのはペルセポリスの遺跡の縮小したレプリカのようなものがところどころにおいてあって、リアルでした。これで縮小なので本物見たら圧倒されるかもしれません。
 そしてなんといってもきわめつけは数々の金製品でしょう。宣伝ポスターにもあるように「黄金のリュトン」をはじめとしたまばゆいばかりの展示品は作りもなかなか精巧ですばらしかったと思います。黄金の財宝なんてよく映画でありますが、こんな展示品みたいなものがざくざくあるようなイメージなんでしょうね。
[PR]
by puyan27 | 2006-08-26 20:45 | 美術館・美術展

不忍池

 横山大観記念館に行ってみたのですが、なんと23日まで夏期休館とのことでした(T.T)。仕方ないのでまた別の機会に行く予定です。
 下の写真はちょうど通りかかった不忍池の様子です。今の時期、蓮で埋め尽くされているんですね。花はつぼみは結構見かけたのですが、咲いているものはほとんど見かけませんでした。もうちょっとピークを過ぎてしまったのかな。。。

e0034068_0225625.jpg

[PR]
by puyan27 | 2006-08-19 21:21 | スポット
e0034068_1910417.jpg ただいまホテルオークラ東京で開催されている第12回秘蔵の名品 アートコレクション展 花鳥風月「日本とヨーロッパ」を観に行って来ました。この美術展はチャリティイベント「アートは世界のこどもを救う」として企画されているようで純益のすべてを日本赤十字社、NHK厚生文化事業団などに寄付しているのだそうです。このような目的でやられているなんてすばらしいですね。
 本題ですが名前のとおり「花」「鳥」「風」「月」をテーマとした作品が展示されております。作品の幅も広くて日本国内にとどまらず、海外(ヨーロッパ)の作品まで展示されておりました。日本画はもちろん、油彩画も日本画家からヨーロッパの画家までとなかなか多様です。今回の作品の中で個人的に気に入ったのは「花」をテーマとした作品でモイーズ・キスリングの「」(同名が2作展示されてましたが鎌倉大谷記念美術館所蔵のほう)です。たくさんの花を挿した花瓶の静物画ですがこれが色彩が豊かで華々しく、花も種類がたくさんで美しいんです。こんな絵を部屋に飾れたら元気がわいてきそうですよね。
 その他にも葛飾北斎の「月みる虎図」なんかも浮世絵のイメージが強いのでこんな日本画も描いていたんだなと意外でした(北斎展観に行けばよかった。。(T.T))。
 この美術展ですが実は併催美術展がありまして1つのチケットで3つの美術展を観ることができます。大倉集古館の「Gold~金色が織りなす異空間」と泉屋博古館 分館の「近代洋画の巨匠たち 浅井忠 岸田劉生 そしてモネ」がその他の美術展です。六本木1丁目周辺をぶらぶらもできるのでなかなか悪くないですよね。
[PR]
by puyan27 | 2006-08-12 19:09 | 美術館・美術展

なら燈花会

 8月のささやかな夏期休暇がとれました。今年は昨年に知ったなら燈火会を観に奈良県へ行ってきました。これだけのろうそくが点るイベントもそうそうないでしょう。しかも東大寺、興福寺などのライトアップもされていて非常に美しいんです(こちらはライトアッププロムナード・なら2006っていうイベントのようです)。あまり美しさを伝えられないかもしれませんがこんな感じでしたのでどうぞ。

e0034068_23541078.jpg春日野園地会場の様子(その1)

e0034068_23542543.jpg春日野園地会場の様子(その2)

e0034068_23543546.jpgろうそくのアップ

e0034068_23544564.jpg燈火会という文字のろうそく

e0034068_23545995.jpg竹灯り

e0034068_23551312.jpg奈良国立博物館前会場の様子

 しかしながらこういった夜景は写真で撮影するのは難しいですねえ。全然うまくとれてない(T.T)。一眼レフカメラに三脚、そして技術が必要ですね。また時間も必要かなと思いました。もちろんさっさと歩いて行けば全会場を廻るのは可能ではあるようですがやっぱりゆったりと眺めていたいですよね。2泊3日ほどの予定にしとけばよかったかも。興味がある方はぜひとも行ってみてください。
[PR]
by puyan27 | 2006-08-06 23:30 | イベント

江戸東京たてもの園

 昔懐かしの建物を観たく、小金井市の小金井公園内にある江戸東京たてもの園へ行ってきました。農家(民家)などは川崎市立日本民家園や三溪園などで観ていたのでもっと別の建物を観たかったんです。ここには昭和初期のお店の建物などがあるんですよ。ちょいと紹介したいと思います。

e0034068_2327969.jpg万世橋交番

建築年  :明治時代末期(推定)
旧所在地 :千代田区神田須田町一丁目
寄贈者  :警視庁

e0034068_23272931.jpg村上精華堂(化粧品屋)

建築年  :1928年(昭和3)
旧所在地 :台東区池之端二丁目
寄贈者  :増田忠男氏(日増屋)
協力者  :村上かん氏

e0034068_23274185.jpg丸二商店(荒物屋)

建築年  :昭和初期
旧所在地 :千代田区神田神保町三丁目
寄贈者  :学校法人 専修大学
協力者  :池田 節氏(旧所有者)

e0034068_23275443.jpg丸二商店(荒物屋)横の路地の様子

盆栽や釣しのぶ付きの風鈴などがこれまたいい感じに雰囲気を醸し出してます。

e0034068_2328761.jpg花市生花店

建築年  :1927年(昭和2)
旧所在地 :千代田区神田淡路町一丁目
寄贈者  :青山総業株式会社

e0034068_23282223.jpg武居三省堂(文具店)

建築年  :1927年(昭和2)
旧所在地 :千代田区神田須田町一丁目
寄贈者  :三井不動産株式会社

e0034068_23283458.jpg植村邸

建築年  :1927年(昭和2)
旧所在地 :中央区新富二丁目
寄贈者  :長谷川浩一氏

e0034068_23284778.jpg子宝湯

建築年  :1929年(昭和4)
旧所在地 :足立区先住元町三丁目
寄贈者  :平岡徳朗氏

e0034068_23285775.jpg小宝湯内部の様子

小学校の頃よく友達と銭湯に行ったりしたのを思い出しちゃいました。ちなみにこの建物は「千と千尋の神隠し」に登場する「湯屋」のモデルとなったらしいです。なんか話を聞いてはいたがここにあったんですねえ。

e0034068_2329963.jpg東ゾーンの様子

ちょうどこの日は「下町夕涼み」特別夜間開園というイベントの日だったみたいで夕方からは人がものすごく多くなりました。盆踊りもやっており、ドラえもん音頭が流れてくると妙に懐かしく感じましたね。

[PR]
by puyan27 | 2006-08-05 22:59 | 建築・庭園