ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e0034068_23303197.jpg フェルメールの作品を観るのは初めてでした。なにせ彼の作品は世界で三十数点しかなく、日本には一点もありません。今回のような機会はアメリカやヨーロッパに行く手間を考えれば素晴らしいことですね。普通このような作品は貸し出したがらないでしょうから。
 今回来日した「牛乳を注ぐ女」ですが展示の仕方も他の作品とは分けて一点のみで広いスペースが設けられていました。たいがいこういった有名作品の場合、人が殺到するのは目に見えてますので当然かも知れません。私が行った日も朝一のわりには人多かったです(T_T)。作品も実物を観るとかなり小さいのにもかかわらず絵との距離はそれなりにあるし、しかも人が多いとなるとやっぱりゆったりと鑑賞できないです。東京国立博物館の特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」 で受胎告知を観に行ったときを思い出してしまいました。ダヴィンチの時よりは断然観やすかったですが。
 何気にかなり気合い入れてねばって観てきましたが構図とかパンの質感、わざと歪んで描いているといわれる机、ラピスラズリを使っているという青色や、光の表現の仕方など印象的なものばかりでした(^O^)。やっぱり名画って素晴らしいですね。
 話は変わりますが「フェルメール全点踏破の旅 (集英社新書ヴィジュアル版) 」という本が出版されているのでこの美術展を気に読んでみましたがなかなか面白かったです。同じ画家の作品を比較すると特徴なんかがわかってとても面白いものなのだなということがわかりました。フェルメール作品がカラーで全点わかるのでぜひともお薦めの本です。
[PR]
by puyan27 | 2007-10-08 21:27 | 美術館・美術展

ブルーノート東京

e0034068_23254939.jpg 最近、JAZZに興味を持ち、本を読んだり、CDを買ってみてきいてみたりしておりますが、なんといっても実際に演奏を聴きに行くのが一番です。
 JAZZといえば青山のブルーノート東京があります。ここは前から知ってはいたものの敷居が高そうだなんて思っていましたが、行かなくてははじまらんと思い、アクションを起こしました(^○^)。 JAZZの知識は乏しく、ミュージシャンも全然知らないのでまずは誰のライブを観に行くのかを検討。KENNY GやCANDY DULFERはコンサートや東京JAZZにて聴いたことがあり、SAXの素晴らしさは知っていたのでSAXの演奏を聴くことに決めました。itunes storeで試聴したりして、模索しておりましたが、ついに決定。そのミュージシャンはDAVE KOZ。初めて知ったお名前ですが調べてみるとかなりの実力者のようです。それに加えてwith special guest KELLY SWEETとなっています。この方もはじめてでしたが試聴すると美しい女性のボーカル。即座に電話予約したのでしたo(^-^)o ワクワク。
 予約したのは自由席でした。セカンドステージでしたので20時から受け付け開始。早いもの順で席案内がされるシステムのようです。受付に行くと案内のカードを配布され、20時50分くらいに席まで案内するとのことでしたのでそれまで外で一杯飲んでました。
 結構早くの順番がとれましたので席はアリーナ自由席、ほぼ中央前列のなかなかの場所を確保できました。コンサート会場みたいな広い空間とは違い、本当にミュージシャンが手に届くような位置で聞けるんですよね~。こんなの初めてでした。
 開演してからのDAVE KOZの極上なパフォーマンス。この方、お客さんを楽しませるテクが素晴らしいですね。そして、美しいSAXの演奏から打って変わってKELLY SWEETの素晴らしいVOCAL。これもまたよかった・・・。それだけじゃなく、ドラム、ギター、ベース、キーボードにもちゃんと注目です。それぞれのよさを発揮し、皆一体となってました。やっぱり一流ミュージシャンって素晴らしいなあ。
[PR]
by puyan27 | 2007-10-05 23:24 | ライブ・コンサート