ぷーやんのブログ 旅行や趣味、自分で思ったりしたこと等のひとりごと。


by puyan27

<   2008年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ムンク展

e0034068_023815.jpg 今年初で観た美術展は上野の国立西洋美術館で開催されている「ムンク展」です。6日までなのでぎりぎりセーフで間に合いました。そのためなのか人混みはかなりのものでしたが・・・。
 ムンクというと「叫び」があまりにも有名なので一度は聞いたことのある画家でしょう。私はまだこの方の作品はひとつも観たことがなく、「叫び」以外の作品もどのような作品があるのか知らないため、今回は見逃せない機会だったと思います。「叫び」は今回は来日してはおりませんが、「生命のフリーズ」シリーズを数多く観ることができるので十分「叫び」と同等のものが感じとれます。ムンクの作品って素人にはなかなか理解が難しいだろうなあって最初からなんとなくわかっていたのでためらわず音声ガイドは借りてしまいました。思ったとおりこの解説はかなり役に立ったと思います。
 「生命のフリーズ」シリーズのように絶望や不安が爆発して表現されているものは気持ち的に負に働く部分がありますよね。ムンクの場合、色彩なんかかららして伝わってくるものが強烈ですよね~。なので逆に次の章なんかで展示されていた装飾や壁画の作品を観ると色彩が一変して心がなんとなくなごんできます。アクセル・ハイベルク邸、マックス・リンデ邸、ベルリン小劇場、フレイア・チョコレート工場の装飾、オスロ大学講堂、オスロ市庁舎の壁画といったものが習作も含めて展示されておりましたが、個人的にはオスロ大学講堂の「太陽」の本物を観てみたいなと思いました。ちなみにこの場所、1989年まではノーベル平和賞の授与式が行われていたのだそうです。ノルウェーに行く機会があったらぜひとも訪れてみたいところですね。
 余談ですが、国立西洋美術館は日本では唯一のル・コルビュジェ設計による建築ですが昨年の12月21日に国の重要文化財に指定されたそうです。そのような建築に気軽に足を運べるのもうれしい限りですね。
 
[PR]
by puyan27 | 2008-01-04 19:21 | 美術館・美術展